スポンサード リンク
プロフィール

田辺 紫

Author:田辺 紫
湘南在住コピーライター。All About横浜ガイドを務めています。横浜・鎌倉で、見た・聞いた・食べたことなどをさくっと紹介します。よろしくお願いします。

All About公式ガイドブログのほうで、横浜の旬な情報を発信中。こちら(ヨコ・カマウォッチャー)では、取材した動画や横浜以外の情報を掲載しています。

2009年5月、All About 横浜(旧)ガイド日記から引越ししました。画像がないページもありますが、ご了承ください。

※文章・画像の転載はご遠慮ください。

サイト内検索
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |

さて、昨日のエントリーの続きです。アトリエキカさんでまったりした後は、てくてくと鎌倉駅まで歩いて行きました。

 

途中、「萩のお寺」として有名な宝戒寺に寄り道です。ハギはそろそろ終わりのようです。赤と白の彼岸花も、暑さのせいか、少々へばっている感じでした。

宝戒寺

 

ほかにも、フヨウなどの花も咲いていて、まさに「なごみの空間」でした。ガイドツアーの集団の方々がいらしたのですが、ガイドさんが「フヨウの花は朝は白く、陽が高くなるにつれて、だんだんとピンク色が濃くなるんですよ」と説明されていました。へぇ~、へぇ~です。

 

本堂にお参りして、またてくてくと。今日はとても寒かったのですっかり忘れてしまった感じですが、金曜日は夏日ですよ、夏日! めちゃくちゃ暑い中を歩いていたわけです。で、「Life」という喫茶店にすいこまれるように入っていきました。(暑くなくてもすいこまれていくんですけれど!)

 

Lifeさんは、水出しコーヒーが看板メニュー。以前立ち寄った日は、水出しコーヒーが終わっていて飲めなかったので、「今日こそは、水出しコーヒーを!」と思っていたのですが……。

 

「水出しのアイスカフェ・オ・レ 800円」のメニュー見て、即、そちらに変更(笑)。夏だけのメニューとのことなので。う~ん、「期間限定」に弱い私です。

Life水出しのアイスカフェ・オ・レ

 

通常の水出しコーヒーにはフレンチローストの豆を使うそうですが、カフェ・オ・レにはイタリアンローストの豆を使っているとのこと。わざわざ豆を変えているんですねぇ。ミルクが入っているのにすっきり、さっぱりしていて、コーヒーの香りが強かったです。あ~、暑さが吹き飛びました!

 

次回こそ、水出しコーヒー(←未体験)をいただきます!! で~も~、ホットもおいしいから、今日みたいに外が寒いと、そっちにしちゃうかも(笑)。

 

▼Life

http://pub.ne.jp/life4zushi/

 

※9月30日17:00~は、"YEBISU Night!!"というライブがあるようです!!

スポンサーサイト

2007/09/30(日) 00:15 | コメント:0 | トラックバック:0 |

昨日は仕事が一段落ついたので、ちょこっと鎌倉散策へ。アトリエキカさんが10周年ということで、9月30日まで記念展を開催中なのですが、どーしても行きたくて。(仕事をほっぽりだして 笑)、出かけました。

 

ちっちゃなアトリエには、10年の間に関わった多くの作家さんの作品がぎっしりと詰まっていました。見たり、説明を聞いたりすると、あれもこれも欲しくなっちゃいます。

 

必見は、10周年記念で作られた木彫りのテディベアと10周年記念Anano Bear「kika」、どちらのベアもキカさんの雰囲気をイメージして作られたもので、おだやかでかわいい作品です。

 

作品との出会いは、まさに一期一会。つれて帰りたいものがたくさんあったのですが、今回はキカさんと同じく10周年を迎えた「Anano Bear」の本を買って帰りました。

 

10周年展期間中、Patisserie Rさんのスペシャルケーキセットは、「ロールケーキ」。オーナーマリコさんの希望だそう。いろいろな味のロールケーキが作られるのですが、昨日は「すごくおいしいマロンのロールケーキ」!!! やった~! クリってスペシャル感がありません? 「秋!」という感じがしますよね~。

アトリエキカ

 

チョコクリーム&チョコ生地と、クリ入り生クリームがめちゃくちゃマッチしていて、本当においしいロールケーキでした。チョコ生地が、これまたしっとりしていて……。この週末は「キャラメルマンゴーロール」が登場するようです。これもおいしそうだわ~。

 

結局、1時間以上もキカさんで過ごしてしまいました。

 

で、鎌倉散策には続きがあるのですが、また今晩書きます。

 

▼アトリエ・キカ+カフェグラス

http://allabout.co.jp/travel/travelyokohama/closeup/CU20060330A/


2007/09/29(土) 11:26 | コメント:0 | トラックバック:0 |

湘南経済新聞に、江ノ電の旧型車両「303号」引退を前にファン向け記念撮影会という記事が出ていました。

 

303号は江ノ電の旧型として残る最後の車両とのこと。だいぶ前から極楽寺検車区に留置されて、走ってはいなかったのですが、今回、台車やコンプレッサーなどの部品を新車に提供するため、解体が決まったそうです。

 

明日9月22日(土)、極楽寺駅近くの江ノ電 極楽寺検車区で、撮影会が行われます。時間は9:30~15:00まで。江ノ電の「イメージ」ともなっている300形車両「303号」の最後の姿を見に、たくさんの鉄道ファンが訪れることと思います。

 

▼江ノ電の旧型車両「303号」-引退を前にファン向け記念撮影会(湘南経済新聞)

http://shonan.keizai.biz/headline/343/index.html

 

▼江ノ電からのお知らせ「303号引退記念フォトセッション」(江ノ島電鉄)

http://www.enoden.co.jp/whats_new/0709_303photo.html

 

▼2005年に江ノ電304&354号車が引退したの時の記事

http://allabout.co.jp/travel/travelyokohama/closeup/CU20050906A/index.htm


2007/09/21(金) 17:46 | コメント:0 | トラックバック:0 |

横浜中華街のちょっとはずれに、「an apple」という小さなパン屋さんがあります。先日、中華街の取材の後に立ち寄ったらパンがまだあったので、買ってみました。チーズのパン(左)と胚芽パン(右)。胚芽パンは「ジャムは合わないから。チーズがいいわね」とマダムが教えてくれたので、以前いただいたゴーダチーズをのせてみました。

an apple 

 

リンゴの天然酵母を使っているから店名が「an apple」。ふんわりしていて、ほのかな甘さがあって、とてもおいしいパンです。看板には、「DANISH HOUSE」と書いてあるので、デニッシュが得意なのかもしれません。

an apple 

この「an apple」さん、何年も前に、「病院で出てくるパンがおいしい」「アップルという中華街の近くのパン屋さんらしい」という情報を頼りに探したお店です。(ちょっと場所がわかりにくいです。結婚式場「The Club of EXCELLENT COAST」の近く)

 

初めてレーズンのパンを買って食べた時、ふんわりしていて、甘さが控えめで、とってもおいしかったのです。で、その後も何度かのぞいてみたのですが、レーズンのパンどころか、午後遅くにはほとんどパンがない状況。「予約済み」という紙が貼ってある袋は、たくさん並んでいるのですが。

 

先日は、いろいろナゾが判明しまして、どうやら曜日によって焼くパンの種類がちがうようなのです。

 

その日は金曜日だったのですが、「木曜パンの予約があって焼いたから、棚にないけれど奥にあるわよ!」とマダムが声をかけてくれたのです。なぬぬ? 木曜パン???と不思議そうにしていると、「木曜日に焼くから木曜パンよ、ほら」と、雑誌のページを見せてくれました。チーズのパン(上と同じ)の写真が載っています。

 

「アップルデニッシュもあるわよ。これも木曜パン。で、その胚芽パンは金曜パン。繊維たっぷりよ!」

 

というわけで、チーズのパン(袋に5個入ってる)と胚芽パン1斤、パン粉を買って帰りました。アップルデニッシュも欲しかったのですが、これも5個袋に入っているので、断念しました。おいしそうだった……。

 

パンは5個セットなのか? レーズンのパンは何曜パンなのか? ナゾがいっぱいの「an apple」ですが、「どのパンでも電話してくれたら焼いておくから。予約してね」とマダムが言ってくれたので、予約してみようかな……。それより何より「レーズンのパン」で通じるかな~。

 

ちゃきちゃきのマダムを前にすると質問できない、けっこう小心者のタナベであります(苦笑)。今度、聞いてみます。

 

an apple

横浜市中区山下町105

※土日はお休みのようです。あ、営業時間も聞かねば……。


2007/09/20(木) 12:42 | コメント:0 | トラックバック:0 |

昨日9月18日は、鎌倉・御霊神社の「面掛行列」が行われました。面掛行列は、神奈川県の無形文化財に指定されている例祭です。友人に誘われて、初めて見ました。これが、とっても、おもしろかった!のです。

 

先日紹介した「ジャルダン食堂」でさくっとランチをとってから、てくてくと由比ガ浜通りを歩いて、14:20くらいに御霊神社に到着。すでにたくさんの人が参道を埋め尽くしていました。

 

14:30過ぎ、行列が少しずつ動きはじめましたのですが、「参道は狭いのでお神輿が通れません。大通りへ出てください!」とのアナウンスが。移動しなきゃ~と進むのですが、人が多すぎて移動もままならず。結局、力餅屋さんの向かいのひっこんだところまでしか進めませんでした。

 

先頭は、天狗(猿田彦)。背の高い外国の方が務めておられたようです。ホントの天狗さんみたいでこわかったです(笑)。ナイス!なキャスティング。

鎌倉・面掛行列

その後ろには、獅子頭をかぶった2人の男性が続きます。お面ではなく、足(?)がついていてユニークな姿です。「重くない?」と聞かれた獅子頭の男性は、「意外に軽いんだよ!」と元気に答えていました。

鎌倉・面掛行列

さらに、お面をかぶった方が続きます。全部で10人。爺(じい)・鬼・異形(いぎょう)・鼻長(はななが)・烏天狗(からすてんぐ)・翁(おきな)・火吹男(ひふきお)・福禄寿(ふくろくじゅ)・おかめ・女の順番です。

※お面の種類については、「かまくらキッズページ中学生サイト」より引用させていただきました。

http://www.city.kamakura.kanagawa.jp/kids/jh/kjh421_0918.htm

 

鎌倉・面掛行列 

おかめは、おなかが大きな妊婦さん。その後ろの女は産婆さんだそうで、扇であおいだり、おなかをさすったりして、ひょうきんな動きをしながら歩いていきます。おかめさんのおなかに触れると安産祈願になるということで、女性が触らせてもらっていました。ちなみに、男性が女性役をしています。

鎌倉・面掛行列

お面の後ろには、裃(かみしも)姿のや狩衣(かりぎぬ)姿の男性、そして、お囃子や白籏(重そう!)を掲げる子どもたち、最後は大きなお神輿と続きます。

鎌倉・面掛行列

無形文化財というのでおごそかなのかと思いきや、地区の大人も子どもも参加する、地元の人たちのお祭り、という雰囲気でした。子どもたちがたくさんいたので、また次の世代に引き継がれるのだろうと思います。

 

ただひとつ、残念だったのは、撮影に夢中になるあまり、お面をつけた人の前にカメラマンが飛び出すこと。「お面の穴は小さくて前が見えないから、ぶつかるよ~。前に出ないで~!」と、注意されていました。撮影のマナーには気を付けたいですね。

 

行列を楽しく見たあとは、御霊神社の斜め向かいにある「手ぬぐいカフェ一花屋(いちげや)」で、コーヒー&カボチャプリンを。縁側のあるお座敷&ちゃぶ台で、まったりと過ごすことができました。杏仁とうふが切れてて残念でしたので、また行かねば。(いつになるか?ですが)

 

かまわぬの手ぬぐいや和の器など、和雑貨もいろいろ販売されていましたよ。

 

▼一花屋さんのHPはこちら

http://ichigeya.petit.cc/


2007/09/19(水) 13:25 | コメント:0 | トラックバック:0 |
フェイスブックページ
スポンサード リンク
BLOG LIST
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。