スポンサード リンク
プロフィール

田辺 紫

Author:田辺 紫
湘南在住コピーライター。All About横浜ガイドを務めています。横浜・鎌倉で、見た・聞いた・食べたことなどをさくっと紹介します。よろしくお願いします。

All About公式ガイドブログのほうで、横浜の旬な情報を発信中。こちら(ヨコ・カマウォッチャー)では、取材した動画や横浜以外の情報を掲載しています。

2009年5月、All About 横浜(旧)ガイド日記から引越ししました。画像がないページもありますが、ご了承ください。

※文章・画像の転載はご遠慮ください。

サイト内検索
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |

ガイド日記に何度も何度も何度も登場する、Patisserie Rさんのスィーツ。本日、All About スタイルストアで「クリスマスの焼き菓子セット」が発売開始になりました。

 

セットの内容は、ミニクグロフ、パウンドケーキ、ココアケーキ、オレンジケーキ、ダッコワーズ、スノーボウルアーモンドの6種類。クグロフは、アルザス地方の伝統的なお菓子で、クリスマスには欠かせないものなのだとか。今回のPatisserie Rさんの焼き菓子セットには、そのクグロフ型を使ったバターケーキが入っています。

 

で……このクグロフ! 10月に鎌倉のNABIさんで行われた「おやつCafe6」のイベントで購入いたしましたが、クリとイチジクがごろごろごろごろ入っていて、めちゃめちゃおいしかったんですよ! その時は、全体のほぼ半分がクリ&イチジク、というお話だったかと。

patisserie R 栗とイチジクのクグロフ

▲その時に買ったクグロフです(参考まで)

 

クリスマスの焼き菓子セットは超数量限定なので、ご注文はお早めにどうぞ~。

・商品の詳細、ご注文はこちらから!

スポンサーサイト

2007/11/19(月) 16:23 | コメント:0 | トラックバック:0 |

秋を通り越して、冬の寒さになりましたね。鎌倉は今日も朝から寒いです。

 

今週は、クリスマスツリーの撮影行脚に出ておりました。みなとみらい周辺は、すっかりクリスマスモードです。というわけで、現在、クリスマスの記事を準備中です。イルミネーションの画像満載でお届けいたします!

 

で、みなとみらいのツリーの撮影の合間に、虎屋菓寮 横浜ランドマークプラザ店で、こちらの記事でご紹介した「栗あんみつ」を食べました。記事に書いてから、「ランドマークに行ったら、ゼッタイに食べるぞ!」と思っていたのですが、秋から冬に近づこうとする今、ようやく実現しました。11月下旬までなので、間に合ってよかった~。

 

虎屋茶寮 栗あんみつ

 

白蜜or和三盆糖蜜のどちらかが選べるのですが、和三盆糖蜜にしてみました。とってもコクのある蜜です。「栗本来の味を楽しむなら白蜜です」と説明されたので、白蜜の方がさっぱりしているのではないかと思います。

 

上にのっかっているのは、栗餡。アイスクリームのように見えるので冷たいのかと思って口にいれると……意外や意外。ぜんぜん冷たくありませんでした。濃厚な栗の味! あぁ、幸せです~。

 

寒天の中に紛れ込んでいる黄色いのは、な、なんと栗羊羹でした。「わ~い、栗羊羹が入ってる!!!」とうれしくなりました。が、確かに自分の原稿を読むと、「栗餡や栗羊羹がたっぷりのったあんみつ」と書いているじゃあないですか! 書くと食べるとでは感動が大違いだなぁ、と。

栗の甘露煮もすっきりとした甘さで、栗の味が楽しめました。

 

寒天は硬すぎず柔らかすぎず、「磯」感が高く。豆は塩味が効いていて、甘い口の中をさっぱりとさせてくれます。ひとかけら入っている羊羹が、とらやさんならではのイキな計らい、という感じです。

 

あぁ、おいしい……。(←ボキャ貧ですみません。でもこれしか言葉が出なかった!)

 

ランドマークプラザのスワロフスキーのツリーを眺めながら、(しかもその日はピアノコンサートを開催していたので)、ステキなピアノの音色を聞きながら、栗あんみつに舌鼓を打ったのでありました。

 

仕事の合間の、お楽しみでした。もう1回ぐらい食べてから、秋を終えたい……です。

 

▼和菓子の情報はこちらで! All About和菓子

http://allabout.co.jp/gs/wagashi/


2007/11/17(土) 09:59 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ハマりにハマっているpatisserie Rさんのスィーツ。食べるだけでは飽き足らず、とうとう作ってしまいました。はい、patisserie R・田中玲子さんのお菓子教室に行ってきました! お題はロールケーキ。人生で初のロールケーキ作りです。「私にも作れるだろうか……」とドキドキしながら、patisserie Rさんのアトリエへ向かいました。

 

お相手の方も「お菓子は作ったことがないです」という初心者さん。同レベルということもあり、とてもわかりやすく、楽しいレッスンを受けることができました。

 

レッスンは、おおまかな手順のレクチャーの後、玲子先生(と呼ばせていただきます!)の作った生地を使って、巻く工程から開始しました。中に入れるフルーツ(今回はオレンジとマンゴー、グリオットチェリー、ラズベリーを使用)をカットして、生クリームを泡立てます。

 

生地の下準備を終えたら、生クリームを生地にどん、どん、どん、と乗せます。た、楽し~い。超初心者なので、均等に伸ばすコツや、巻き方の秘訣なども教えてくださいました。巻き終えたら、ラップして冷蔵庫で寝かせます。

patisserie R ロールケーキレッスン

▲ロールケーキづくりのようす

 

次は、ロール生地作りです。まずは卵を泡立てるのですが、これがかなり時間がかかります。悪戦苦闘しながら、玲子先生に手伝っていただきながら、何とかふわふわに泡立てることができました。これを小麦粉と合わせるのですが、これも難し~い! それもそのはず。patisserie Rさんのロールケーキは、ふわふわ、しっとりの生地が決め手なのですが、そのポイントのひとつは混ぜ方にあったのです!

 

これを天板に流し込み、オーブンへ。時間はきっちり12分。(ただし、これは玲子先生のオーブンでの時間)いい香りがしてきたら、完成です。この自分で焼いたロール生地は、寝かせる時間が足りないのでレッスンでは使用しません。寝かせる時間も、ロール生地の大切なポイントなのです。持ち帰って、自宅で完成させることになります。

 

生地が焼き上がったら、寝かせてあったロールケーキをデコレーションします。デコレーション用の生クリームは、中に入れるものとは硬さを変えるとのこと。へぇ~へぇ~へぇ~。こんなことも知らず、ロールケーキを「おいしい、おいしい」と言って食べていたのですから、ホント、おはずかしい限り。今度、patisserie Rさんのロールケーキを食べるときは、作る工程も思い浮かべながら、食べようと思います。

 

はい、完成したロールケーキです! 上にピスタチオを乗せてみました。(左)なかなかの出来栄え(←自画自賛)。お相手の方のロールケーキは、ナッツが苦手ということでアイビーを飾りつけされました(右)。シンプルでステキです。

patisserie R ロールケーキレッスン

 

さてさて、持ち帰ったロールケーキ、自宅でカットして食べました。フルーツが大きいのはご愛嬌。オットと一緒に食べました。「お、おいしい!!」──よくよく考えたら、これは玲子先生の生地を使っているので、おいしいのは当たり前なのでした(笑)。自分の生地もおいしいといいな~。

patisserie R ロールケーキレッスン

 

■今回のレッスンで学んだこと、気づいたこと

わが家のオーブンをぜ~んぜん使いこなしていなかったこと。宝の持ち腐れでした。お菓子づくりの第一歩は、オーブンのクセを知ることから!

 

習ったレシピのサイズの天板がないということ。パレットナイフは便利な道具であるということ。おっと、温度計もデジタルスケールもない~~。(順次購入ということで)

 

卵や小麦粉、生クリームなど材料の選び方。(特に卵の選び方は目うろこ!)

 

パティシェの仕事というのは、地道な作業&試行錯誤の繰り返しであるということ。華やかなデコレーションの作業は1割、あとの9割は力仕事!

 

お菓子づくりは化学だということ(←patisserie Rさんのサイトより)。ひとつひとつの工程には意味があるんですね。

 

○○のロールケーキ、○○のパウンド、○○のクッキー、○○のタルトなどと一口で言ってしまえばカンタンですが、○○に入るモノに合わせて何種類もの生地のレシピがあるんだろうな、ということ。

 

「つくり手」体験をしてみて、「パティシェの仕事というのは、“好き”だけではできない。でも、好きでなければできないし、楽しまなくてはできない」ということ。

 

ロールケーキは食べるのはものの数分だけど、作るのには長~い時間がかかる、ということ。当たり前のことだけど、うっかり忘れてました。

 

玲子先生、ありがとうございます! また機会があれば、教えてくださいね。そして、これからもおいしいお菓子、期待しています!

 

▼patisserie Rさんの紹介記事

http://allabout.co.jp/travel/travelyokohama/closeup/CU20070823A/

 

■All About スタイルストア つくり手ブログ→こちら

 


2007/11/12(月) 19:57 | コメント:0 | トラックバック:0 |

明日開催予定だった「かまくら長谷の市」は、中止が発表になっています。予定されていた方は、ご注意ください。

 

かまくら長谷の市は、春と秋の2回、開催されています。春の開催をお楽しみに!

▼横浜・鎌倉「旬」のトピックス

http://allabout.co.jp/travel/travelyokohama/subject/msub_wy.htm


2007/11/09(金) 19:45 | コメント:0 | トラックバック:0 |

前回のエントリーの続きです。

楽食のきっかけは、楽食組のかよさんに、湘南倶楽部でちぃさんのイラスト展開催のお知らせをいただいたこと。「せっかくなので、いっしょに楽食しませんか」とお誘いいただきました。わぁ~、うれしい!! ぜひぜひ。というわけで、湘南倶楽部で「楽食」です!

 

余談ですが、湘南倶楽部については、以前、こちらで紹介したカフェレストラン「ポット・プーリー」で、「カリフォルニアにオーガニック料理の先駆者で、アリス・ウォータースという方がいるんですよ。鎌倉にその人のお弟子さんのお店があるんですが、紫さん、知ってます? 湘南倶楽部っていうんですけど」という話が出たのです。

 

「湘南倶楽部って、ハヤシライスがおいしいというウワサですけど……今度行ってみます」と、気に留めていたレストラン。ただ、ハヤシライスとオーガニック料理が結びつかなくて、うむむ~と思っておりました。

 

さて話は戻り、楽食組の皆さんとメニュー選びです。「かまくら楽食日記」の湘南倶楽部紹介ページでも、「わざわざ湘南倶楽部に来て、ハヤシライスで満足して帰ってしまってはあまりにもったいない」と書かれているものの、うわさのハヤシライスを食べずに帰れないしなぁ~と悩んでおりました。楽食組の皆さんは、「チキンのコンフィ」「デリサラダ」「カレー(豆)のセット」をチョイス。なので、私はやっぱりハヤシライスにしました。

 

オーダーしてしばらくすると、ちぃさんのところにセットの前菜がやってきました。待ってました! 楽画スケッチのはじまり、はじまり~。

ちぃさんの楽画スケッチ

 

うぉぉ~、はやいはやい!! えんぴつがさらさらさらっと動いて、1~2分ほどで下絵の完成です。

 

下絵ができると、バッグから絵の具と水筒が出てきて、彩色開始。ちゃっちゃと筆が進み、色がついていきます。薄い色から濃い色へ。「料理は“なか”から描くんですよ。焦げ目は最後につけます」と、楽画のコツを伝授していただきました。

ちぃさんの楽画スケッチ

すると、かよさんから、「タナベさん、ガン見してますよー」とのつっこみが(笑)。あまりの筆のはやさに、凝視しちゃいました。怖い顔してました??

 

湘南倶楽部・ハヤシライス

うさわのハヤシライスが運ばれてきたので、ガン見(笑)はおしまい。ハヤシというとこってりしたイメージがありますが、こちらのハヤシはあっさりしています。牛肉は薄切りではなく、角切り。ちょっとかためのご飯とルゥとがよく合います。

 

ただ、オーガニック料理を堪能するなら、ハヤシライス以外かな~、と楽食組の皆さんのメニューを眺めて思いました。次はいろいろな野菜がセットになった、デリサラダにしようっと。

 

さて、ちぃさんのところには、カレーが運ばれてきました。すると描きはじめる前に、ちぃさん、カレーをぱくり。あれれ、描く前に食べちゃった! ハヤシを食べる手をとめて眺めていると、ルゥに埋もれていた豆の形を確認していたのでありました。

 

そして、カレーをもぐもぐ食べながら、ちぃさんの楽画スケッチは続いたのであります。

 

が、その後、ちぃさんにお客さんがみえて、楽画はしばし中断。というわけで、完成前に散会したので、最後まで見届けることはできませんでした。どんな作品になったのか、またどこかで見られることでしょう。楽しみにしています。

 

いつも一人か二人でランチすることが多いので、大勢でランチできて本当に楽しかったです。鎌倉の話やインターネット黎明期の話をしたり、ご近所ママさんも合流したり──「楽食」のコンセプト通り、うきうきと楽しい食事になりました。また、楽食、誘ってくださいね~!>楽食組の皆さま

 

あ、そうそう。11月3日と4日は、北鎌倉界隈で開催される「匠の市」に出店されるそうです。円覚寺参道で、楽食本や絵ハガキを発売されます。くわしくは「かまくら楽食日記」HPをご覧ください。

 

▼かまくら楽食日記のHPはこちらから

http://allabout.co.jp/travel/travelyokohama/subject/msubsub_kblog.htm

 


2007/11/02(金) 20:42 | コメント:0 | トラックバック:0 |
フェイスブックページ
スポンサード リンク
BLOG LIST
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。