スポンサード リンク
プロフィール

Author:田辺 紫
湘南在住コピーライター。All About横浜ガイドを務めています。横浜・鎌倉で、見た・聞いた・食べたことなどをさくっと紹介します。よろしくお願いします。

All About公式ガイドブログのほうで、横浜の旬な情報を発信中。こちら(ヨコ・カマウォッチャー)では、取材した動画や横浜以外の情報を掲載しています。

2009年5月、All About 横浜(旧)ガイド日記から引越ししました。画像がないページもありますが、ご了承ください。

※文章・画像の転載はご遠慮ください。

サイト内検索
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |

11月30日まで、横浜中華街で美食節 フードフェスティバルが開催されています。今週は「まかない・家庭料理・中国茶ウィーク」として、参加店では特別メニューが用意されています。その中のひとつ、同發別館のまかないランチ(1,050円)を食べました。平日のランチタイム(15:00まで)限定、つまり今日までとなります。

 

AランチとBランチの2種類あり、Aランチの「豚の角煮とタロ芋の煮込み&干しエビと白菜、春雨煮」にしてみました。

美食節 まかないランチ

▲ああっ! メインを前方に移動して撮ればよかった……(涙)メイン2種にサラダ、コーンスープ、ザーサイ、アンニンドウフがついています

 

春雨煮は、干しエビの味と香りが効いていて、あっさり。角煮のほうは、お肉がやわらかく、味は濃くなく薄くなく、という感じ。タロ芋はサトイモみたいな食感で、絶妙なマッチング!でした。

美食節 まかないランチ

▲タロ芋がほっこりしてて、うま~い!!

 

どちらもごはんに合うおかず。タレまでごはんにかけてたいらげちゃいました。こんなにおいしいメニューがまかないだったら、はりきって仕事しちゃうなぁ……なーんて思いながら、おいしくいただきました。

 

Bランチ(海老すり身と豆腐の合わせ蒸し、砂肝のネギ・生姜和え)もおいしそうだったので、食べてみたかった……。こんな楽しい企画、また開催してほしいです。美食節は30日がフィナーレですので、ぜひお出かけください。

 

▼横浜中華街で初めての「食」の祭典開催!

http://allabout.co.jp/travel/travelyokohama/closeup/CU20081113A/

 

▼フィナーレといえば、横浜トリエンナーレも30日まで!

http://allabout.co.jp/travel/travelyokohama/closeup/CU20080913A/

スポンサーサイト

2008/11/28(金) 09:59 | コメント:0 | トラックバック:0 |

先日、All About女性のためのグルメ情報ガイドの河野さんの取材にくっついて、東京・西麻布の重慶飯店 麻布賓館へ。シェフのおまかせランチをいただきました。

※12月3日追記:詳細な記事がアップされました!

http://allabout.co.jp/gourmet/eatoutwomen/closeup/CU20081120A/

 

重慶飯店 麻布賓館は、横浜中華街の店舗とはちょっと雰囲気が異なります。円卓ではなく四角いテーブル席が並び、まるでフレンチレストランのよう。お料理も一人一皿、美しく盛り付けされた“フレンチスタイル”で出てきます。デートやマダムランチにぴったりのレストランです。

 

重慶飯店麻布賓館 ランチ

▲前菜には、重慶飯店フードコンテスト2008の第三位に輝いた「豚耳のにんにく辛子炒め」が! ピリカラ&コリコリしておいしい~

 

重慶飯店麻布賓館 ランチ

▲金魚の形をした点心がカワイイ~。小規模店舗なのでこだわりの有機野菜を使用しているそう。プチトマトの味が濃い!!

 

重慶飯店麻布賓館 ランチ

▲秋の味覚・松茸入りのフカヒレスープ。香りと食感が楽しめる逸品

 

重慶飯店

▲野菜とエビの白胡椒炒め。エビがぷりぷり!

 

重慶飯店麻布賓館 ランチ

▲上海ガニ。とりかえっこしながら、オス・メスの両方を味わうことができました。ほぐしてサーブされるので、手が汚れることはありません。メスはタマゴがウニのようになめらかで、オスは身もミソも味が濃厚。食べ比べるのははじめてなので、楽しかったです。

 

重慶飯店麻布賓館 ランチ

▲唐辛子(左)と山椒(右)の特徴について説明してくださいました

 

一番左のピーマンみたいなのが四川唐辛子。「炒めものに入っているとよける方がいらっしゃいますが、辛さの中に甘みがあり、食べても大丈夫です」と支配人・大森さん。この唐辛子が、重慶飯店の「辛ウマ」の味の秘密なのだとか。

 

山椒(花山椒)も、中国南部・北部・日本の3種類を食べ比べてみると、味・香りはもちろん、舌のしびれ方にもちがいが! 同じ「山椒」なのに、ずいぶんちがうのだなぁとビックリしました。重慶飯店では、南部の「四川青花山椒」をメインに使用しているそう。食べてみると舌のしびれとともに、柑橘系のさわやかな香りが広がります。麻布賓館ではいつでも説明してくださるので、ぜひお尋ねください。

 

重慶飯店麻布賓館 ランチ

▲重慶飯店といえば、麻婆豆腐ははずせません! さわやかな後味は花山椒の効果だったのだ!と確信しました

 

重慶飯店麻布賓館 ランチ

▲デザートの盛り合わせ。焼き菓子3種はできたてで秀逸でした。見た目は重そうな砂糖菓子のようですが、どれもサクサクとしたパイのような食感

 

支配人・大森さんはソムリエでもあり、料理に合うワインをチョイスしてくれます。シャンパンやワインがセットになっているコースも用意されていますので、クリスマスにぜひどうぞ!

 

▼重慶飯店 麻布賓館(ぐるなび)

http://r.gnavi.co.jp/g119506/

 

▼重慶飯店の上海蟹フェアは11月30日まで 

http://www.jukeihanten.com/cgi-bin/webmainte3/display.cgi?cat=restaurant&No=265

 

▼記事:重慶飯店にコラーゲンたっぷり美肌料理登場 

http://allabout.co.jp/travel/travelyokohama/closeup/CU20081003A/


2008/11/26(水) 21:04 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2008年11月15日から、横浜中華街で「美食節 第1回フードフェスティバル」がはじまっています。オープニングを飾ったイベント「シュウマイ品評会」に行ってみました。31店舗が参加し、自慢のシュウマイを提供するというもの。

開始時間過ぎに到着したのですが、すでに行列! ただ、シュウマイがどんどん配られていくので、さほど待つことなくシュウマイをいただくことができました。

美食節 第1回フードフェスティバル
▲シュウマイ品評会にはたくさんの行列が!
続きを読む »

2008/11/20(木) 12:29 | コメント:0 | トラックバック:0 |

私、横浜ゆかりのバンド「ASIAN KUNG-FU GENERATION(=アジカン)」が大好きなのですが、そのアジカンが、11月5日に江ノ電の駅名が曲名になったアルバム「サーフ ブンガク カマクラ」をリリースしたのであります。さらにそのリリースを記念して、11月9日に鎌倉某所でシークレットライブを開催するというので応募したところ、なんと!当選(しかもタダ)しちゃいまして、本日、行ってまいりました。

 

シークレットライブの会場となったのは、鎌倉学園(=鎌学)の体育館。オットの出身校なのですが、「おぉ! 運動場が人工芝になってる! 体育館がきれいになってる!」と驚いてました。そりゃあ、卒業してから20数年も経つんだから、変わりますってば。

 

私たちのチケットは「江ノ島ブロック」だったのですが、これが、ステージまん前のめっちゃいいエリア! 「これで一生分のチケット運は使い果たしたかも……」「アジカンのライブをかぶりつきで見られるなんて、二度とないだろう……」と思いながら、若いコたちに囲まれて、ライブの開始を待っていました。

 

すると、後方から制服の集団がぞろぞろと入ってくるではありませんか! 当選枠350名のほかに、鎌学生枠350名も用意されていたようで。さすがアジカン! イキな計らいです。「稲村ケ崎ブロック」の鎌学生は、めっちゃ盛り上がってました。おぉ、若いっていいなぁ(笑)。

 

そんなこんなで、新しいアルバムを中心に、10曲約45分のライブを、年甲斐もなくぴょんぴょんしながら楽しんでまいりました。(明日は筋肉痛か!?)ホント、当選してラッキーでした。パワーをもらったので、年末までがんばれそうです。

 

ちなみに、11月13日まで、アジカン×江ノ電特別企画を開催中。江ノ電の各駅ホームに掲出してあるアジカンのポスター(↓)のQRコードを読み取ると、特製待ち受けFLASHがもらえます。もちろん、私もゲットしましたであります! 「サーフ ブンガク カマクラ」の広告が車体の横についた江ノ電も走っていますので、ご覧くださいませ~。

「サーフブンガクカマクラ」江ノ電の駅ポスター

2008/11/10(月) 00:59 | コメント:0 | トラックバック:0 |
以前、こちらに書いた横浜大世界で期間限定発売していたまぐろ饅。11月11日(火)まで、再び期間限定発売されるということで、リベンジしてきました。

前回は、朝から並ばなければ買えなかったのですが、今回は横浜大世界さんががんばって(?)販売個数を増やしてくれたようなので、夕方17:00でも買うことができました! 注文してから蒸しあがるまで約15分。もちろん店内でもアツアツが食べられるのですが、持ち帰ってちょっと蒸してから食べました。
マクロスF まぐろ饅
マクロスF まぐろ饅
マクロスF まぐろ饅

中にはシーチキンベースのあんが! 皮もおいしい! あっさり味で、マクロスファンのオットも納得のおいしさでした。あ、そういえば、前回のエントリーで、店員さんがランカちゃんの衣装を……と書いてしまいましたが、正しくは「ナナセさん」だそうです。失礼しました~。

■HP:横浜大世界

2008/11/08(土) 16:15 | コメント:0 | トラックバック:0 |
フェイスブックページ
スポンサード リンク
BLOG LIST
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。