スポンサード リンク
プロフィール

田辺 紫

Author:田辺 紫
湘南在住コピーライター。All About横浜ガイドを務めています。横浜・鎌倉で、見た・聞いた・食べたことなどをさくっと紹介します。よろしくお願いします。

All About公式ガイドブログのほうで、横浜の旬な情報を発信中。こちら(ヨコ・カマウォッチャー)では、取材した動画や横浜以外の情報を掲載しています。

2009年5月、All About 横浜(旧)ガイド日記から引越ししました。画像がないページもありますが、ご了承ください。

※文章・画像の転載はご遠慮ください。

サイト内検索
月別アーカイブ
QRコード
QR

現在発売中の「TOKYO★1週間(5/12号・GW特大号)」に「感動できる“ハマグルメ”」と題して、グルメスポット(というかメニュー)を3軒、ご紹介させていただきました。私のほかに、3名の食べ歩きの達人さんたちが、ハマグルメを3軒ずつ紹介されています。よろしければ、ご覧ください!

TOKYO★1週間

▲開国博Y150で上映されるアニメ「BATON」にも出演している、上戸彩ちゃんが表紙です!

 

その他の横浜に関する特集は、もちろん、4月28日からスタートする「開国博Y150」。無料で楽しむ裏技が掲載されていますよぉ! また、テーマソング「みらい」を歌っているゆずのお二人が、横浜行きつけスポットを紹介しています。

 

あ! 最後のページに「石神の名店vs.大崎の新店」という連載で、All Aboutラーメンガイドの大崎さんもいらっしゃいました!

 

▼web★1週間

http://web.1week.cc/

スポンサーサイト

2009/04/26(日) 14:58 | コメント:0 | トラックバック:0 |

パン パシフィック 横浜ベイホテル東急「カフェ トスカ」で、5月14日までニュージーランドの食材を使ったナイトブッフェ大自然からの大自然からのおもてなし~ナイト・キッチンスタジアム IN ニュージーランド」が行われています。先日、All About女性のためのグルメ情報 ガイド河野さんと一緒に、いただいてまいりました!

カフェトスカ
▲窓が大きく、明るい時間は開放的な雰囲気の店内

 

実は、ニュージーランドといえば、おいしいものがたくさん!というイメージを持っています。というのも、大学時代、友人がニュージーランドに短期留学し、「もう、なんでもかんでもおいしくって~」と、かなりふっくらして帰国してきた思い出がありまして(笑)。そう! ニュージーランドはオーストラリアと並び、豊かな自然で育まれたお肉や魚介類、乳製品などなど、食材が豊富な国なのです。

 

そんなニュージーランドの食材・メニューがそろうブッフェですから、おいしいものがいっぱい並んでいました!

カフェトスカ

▲コールドコーナー「シーフードマリネ ニュージー風」(左)&ホットコーナー「鮮魚のピカタ風 キャベツのブレゼ添え」

 

カフェトスカ

▲前菜からスープ、デザートまで、30種類以上のメニューが並びます

 

特に楽しいのは、シェフがメインディッシュを目の前で調理してくれるアクションコーナー。ラムやビーフ、サーモンなど、アツアツ料理が食べられます。

 

お肉だけでなく、チーズリゾットも作りたてが食べられますよ~。塊のチーズの上に、ゆでたてのお米をのせて、手早く混ぜ合わせてくれます。ニュージーランドといえば、乳製品も有名ですもんね。

カフェトスカ

▲大人気のアクションコーナー。シェフが目の前で調理してくれます

 

欲張って、ラムもビーフも食べてみましたが、どちらも柔らかい!! ビーフは脂身が少ない赤身なので、とってもヘルシーです。ラムも臭みがなくて、美味でした。“お肉”といえば、男性っぽいメニューですが、ソースもあっさりしていて、女性にもオススメ。

カフェトスカ

▲ニュージーランド産のラム(左)とビーフ(右)。やわらかくて脂身が少なく、とってもヘルシー!

 

子ども連れのファミリーが何組かいらしたのですが、小さな子どもたちがシェフが調理する様子を熱心に見ていました。シェフも「ポテトはいくつ食べますか~?」とやさしく話しかけていました。できあがったお皿を「これ、ボクの!」と言わんばかりに、うれしそうに受け取っていたのが印象的でした。きっと楽しい思い出になるでしょうね~。シェフが目の前で作ってくれたら、大人だってワクワクしますから!

 

こんなに楽しい「ナイト・キッチンスタジアム IN ニュージーランド」は、5月14日まで。ゴールデンウィークの横浜観光の締めくくりにも良さそうですが、平日の夜の方が混雑していなくて良いかも。早めに仕事を切り上げて、みなとみらい線に乗っちゃっえば、みなとみらい駅からすぐですよ~。

カフェトスカ

▲夜はみなとみらいの夜景も堪能できます(ただしコスモワールドの休園日はコスモクロック21は光りません……あしからず)

 

■ナイト・キッチンスタジアム IN ニュージーランド

日時:開催中~2009年5月14日(木) 17:30~22:00(ラストオーダー21:30)

場所:パン パシフィック 横浜ベイホテル東急 2階「カフェ トスカ」

料金:月~金曜日4,700円、土・日曜日・祝日5,600円 ※6~12歳子どもは2,800円(いずれも税込・サ料別)

予約・問い合わせ:カフェ トスカ 045-682-2218

HP:パン パシフィック 横浜ベイホテル東急

http://pphy.co.jp/

※ニュージーランドの料理はディナータイムのみ提供。朝食、昼食は通常のメニューです。

 


2009/04/22(水) 13:51 | コメント:0 | トラックバック:0 |

明日4月21日(火)から、そごう横浜店 8階催会場で、「横浜・神奈川グルメフェスティバル」が行われます。

 

情報誌「横浜ウォーカー」に掲載された、横浜・神奈川の名店の味が一堂に会するイベントです。前回行われた際、オットが秦野にある行列ラーメン店「なんつッ亭」のラーメンを並んで食べ、「うまかった~」と言っていました。今回もイートインで登場! ううう~、食べに行きたい~!

 

「なんつッ亭」のほか、イートインでは、ホテルニューグランド ザ・カフェ、ラ・カーサ・ディ・マルコ、パン パシフィック横浜ベイホテル東急 中国料理「トゥーランドット 游仙境」、鮪と地魚無国籍料理 くろば亭が登場します。

 

また、今回の初登場店は、青葉区・たまプラーザの超超人気ケーキ店「パティスリー デフェール」や、「港北バーム」で人気の都筑区・北山田「パティスリー ル・プレ・オ・ヴェール」、など約10店舗の人気メニューが並びます。

 

その他の出店店舗は、大倉山「TOTSZEN BAKER'S KITCHEN」、中区「コテイベーカリー」、日本大通り「横濱ありあけ本館 ハーバーズムーン」、逗子市「珠屋」、江ノ島「とびっちょ」などなど、横浜・神奈川の人気店が勢揃いしますよ~。

 

日にち限定で、人気シェフが来店。なんと!元・デフェールの人気パティシェ安食雄二シェフが絶品クレープを焼いてくれる日も!!

・4月21(火)13:00~ 地下2階クッキングステーション

 デモンストレーション <なんつッ亭>古谷一郎大将

・4月22日(水) <ルスティカーナ>落合昌子シェフ来店

・4月25日(土)<パティスリール プレ・オ・ヴェール>山室典政シェフ来店

・4月26日(日)安食雄二シェフ来店(クレープ実演販売)

 

行列必至の人気イベント。ぜひぜひ足を運んでみてくださいね~。

 

■横浜・神奈川グルメフェスティバル

期間:4月21日(火)~4月29日(水・祝) ※最終日は17:00閉場

場所:そごう横浜店 8階催会場

HP:そごう

www.sogo-gogo.com


2009/04/20(月) 11:55 | コメント:0 | トラックバック:0 |

今日19日は、開国博Y150のプレイベント最後の日。開国博Y150の目玉イベントとなる「ラ・マシン」の機械仕掛けのクモ(高さ約12m、重さ37t)が、なんと2匹も登場し、横浜の町を散歩するという、前代未聞・超ビッグスケールなイベントということで、私も見に行ってきました。

 

今日の「ラ・マシン」のストーリーは、新港ふ頭で2匹のクモが出会うところから開始。12:00ごろ、1匹はまだ宙吊り状態でした。

ラ・マシン 開国博Y150プレイベント

その後、2匹は意気投合し、新港ふ頭でダンスを披露。ドキドキするような音楽が流れる中、2匹のクモが、足をあげたり、煙をだしたり、水を吹き出したりするようすが見られました。

ラ・マシン 開国博Y150プレイベント

一緒に散歩に出かけることになった2匹。まずは、新港ふ頭から赤レンガ倉庫まで、音楽隊を引き連れてのパレードです。

ラ・マシン 開国博Y150プレイベント ラ・マシン 開国博Y150プレイベント

▲赤レンガ倉庫に到着した2匹のクモは、楽しげな音楽に合わせてたくさんのギャラリーのすぐ目の前を、口やおしりから煙を吹き出しながら通り過ぎていきます

ラ・マシン 開国博Y150プレイベント

▲弦楽器やトランペット、ドラムなどの音楽隊の生演奏も、クモと一緒にパレードを盛り上げます

ラ・マシン 開国博Y150プレイベント

▲赤レンガ倉庫前では、2匹のクモが、足を上げたり下ろしたりとダンスを披露。しまいには足に人間が乗り、持ち上げられちゃいました! ビックリ

 

まるで本物のような足の動きは、ひとりが1本を担当。1匹につき14名が乗り込んで、クモの動きを表現していました。単なる機械操作ではなく、触覚や1本1本の足の動き、視線、呼吸を合わせてスペクタクルを完成させるため、「劇団」というわけです。

ラ・マシン 開国博Y150プレイベント

▲赤レンガ倉庫から新港橋を渡り、日本大通りへ到着した2匹のクモ

ラ・マシン 開国博Y150プレイベント

▲「クモの足に踏みつけられるのでは!?」と感じるほどの大迫力でした!

ラ・マシン 開国博Y150プレイベント

▲フィナーレを迎える新港ふ頭に帰っていきました

 

残念ながら、私は都合により、夜のフィナーレは見ることができませんでしたが、水や炎、音や光などの演出で、感動のフィナーレだったことと思います。 

 

さて、横浜散歩を楽しんだクモのうち、1匹が横浜に残り、「Y150はじまりの森」へと向かったそうです。未知の物体ではなく「絆と繋がり」を象徴する存在となり、153日間の新しい物語が始まることとなります。

 

というわけで、このクモは、4月28日からはじまる開国博Y150 ベイサイドエリア「はじまりの森」で見ることができます。ぜひ、会いにきてくださいね!

 

▼開国博Y150 公式サイト

http://www.yokohama150.org/

 

▼「ラ・マシン」プレイベント4日間のストーリーはこちらで

http://event.yokohama150.org/topics/index.html


2009/04/19(日) 23:12 | コメント:0 | トラックバック:0 |

今日17日~19日まで、開国博Y150のプレイベントが行われています。目玉イベントのひとつ「ラ・マシン」の巨大なクモが登場し、街と人を巻き込みながら、横浜を劇場に変えてしまう、というもの。今日17日は、11:00~と18:00~、演出が行われたそうです。

 

残念ながら、私は演出は見ることができなかったのですが、仕事の合間にちょこっと立ち寄ってみました。

ラ・マシン 開国博Y150プレイベント

▲横浜赤レンガ倉庫イベント広場の向こうに、クモがいた!!

 

ラ・マシン 開国博Y150プレイベント

▲クモのような……カニのような……(関係者の皆さま、すみません!)

 

なぜ、「クモ」になったかというと、以下の通り。

 

「クモ」は「糸」で巣をつくる動物であり、きわめて創造的な生命体です。Y150のさまざまな会場をつなぎ 「横浜のゆめ」 をつむいでいくと同時に、「Web = クモの巣」 型ネットワーク社会のシンボルとして「クモ」が 登場することになりました。 (以上、開国博Y150公式サイトより)

 

このクモ、会場や横浜のゆめだけでなく、人と人もつないでくれるようです。私が撮影をしていたら、外国の女性の方が英語で話しかけてきました。

「あなた英語話せる? このクモ、18:00から動くんですって!(ホントは英語)」

と、エキサイトしながら教えてくれたのです!

 

「あなた、日本人? 私、新聞を見てきたのよ! それでね、キンヨウビ、ドヨウビ、ニチヨウビ(ココだけ日本語)の3日間、歩き回るんですってよ! どんだけ~(ホントは英語)」

とマシンガントークが炸裂しました。

 

私は、英語はちょっとしかわからないのですが、なんとか聞き取れまして、

「オンサンデー、スパイダーが、2匹になって、街をウォーキングするんですよ~! 2匹ですよ!」(カタコト英語)

と、私も教えてあげました。しばし、「すごいわねぇ~」と国際交流を楽しんだ後、

「サンキュー、グッバイ!」

クモがつむいでくれた、とっても楽しい時間でした。

 

その場に居合わせた人をワクワクさせてくれる、まさに“生命のある機械”。横浜の街をイベント化するために、次は何を巻き起こしてくれるのでしょうか! 明日、あさってと演出が行われますので、時間がある方は見に行ってくださいね。

 

<明日以降の演出>

18日(土)11:30ごろ 赤レンガパーク…イベントを展開

18日(土)18:00ごろ 新港ふ頭…イベントを展開

19日(日)14:00ごろ 新港ふ頭…イベントを展開

19日(日)14:30ごろ ~赤レンガパーク…パレード

19日(日)15:00ごろ 赤レンガパーク…イベントを展開

19日(日)15:30ごろ ~日本大通り…パレード

19日(日)16:30ごろ 日本大通り…イベントを展開

19日(日)18:20ごろ ~新港ふ頭…パレード終了

19日(日)19:10ごろ 新港ふ頭…イベント終了

 

以上、時間は予定です。変更する場合もあるそうですので、ご了承ください。

 

▼プレイベントについて(開国博Y150公式サイト)

http://event.yokohama150.org/topics/vol_3.html


2009/04/17(金) 21:12 | コメント:0 | トラックバック:0 |
フェイスブックページ
スポンサード リンク
BLOG LIST