スポンサード リンク
プロフィール

田辺 紫

Author:田辺 紫
湘南在住コピーライター。All About横浜ガイドを務めています。横浜・鎌倉で、見た・聞いた・食べたことなどをさくっと紹介します。よろしくお願いします。

All About公式ガイドブログのほうで、横浜の旬な情報を発信中。こちら(ヨコ・カマウォッチャー)では、取材した動画や横浜以外の情報を掲載しています。

2009年5月、All About 横浜(旧)ガイド日記から引越ししました。画像がないページもありますが、ご了承ください。

※文章・画像の転載はご遠慮ください。

サイト内検索
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
横浜・山下公園前にある「ホテル ニューグランド」で、フォトコンテストが開催されています。横浜開港150周年と横浜・神奈川デスティネーションキャンペーンを記念するもの。テーマは「MY NEW GRAND」で、ご自身とニューグランドとの関わりを自由に表現してください、とのことです。

ホテル ニューグランド 本館
▲クラシックホテルならではの風格があるホテル ニューグランド

応募方法や応募規定など、くわしくはホテル ニューグランドのホームページより、バナーをクリックしてご確認ください。応募用紙のダウンロードもできます。応募〆切は2009年8月31日(必着)です。どこを切り取ってもフォトジェニックなニューグランド。フォトコンテストを機に、あなたらしい“1枚”にチャレンジみてくださいね。
※ホテルでの撮影の際は、宿泊客・観光客の方々にご配慮ください。

・HP:ホテル ニューグランド

私も「MY NEW GRAND」、ちょっと考えてみました。
続きを読む »
スポンサーサイト

2009/07/23(木) 10:09 | コメント:2 | トラックバック:1 |
神奈川県民ホールギャラリーで7月23日まで開催されている、「デザインの港−浅葉克己展」に行ってきました。浅葉克己氏は、横浜出身のアートディレクター。記憶に残る、数多くの広告を手がけてきた、日本を代表するクリエイターです。「西武百貨店」の「おいしい生活」は、広告の域を超えた「名作」だと思います。

会場には、浅葉克己氏がライフワークとする卓球やトンパ文字などのほか、多くの広告が展示されていました。「あ~、これも浅葉克己だったのか!」というものも。90年代は、印象に残る広告が多かったなぁ……。

浅葉克己氏のメモ(日記)を見ることができるのですが、これがまた芸術的なのです。仕事ができる人というのは、メモが美しいのだなぁと、あらためて衝撃を受けました。私なんぞ、人に見せられませんです……はい(恥)。

欲を言えば、もっとたくさんの広告が見たかったなぁ。

今日(20日)は、15:00から「浅葉克己×一柳慧(作曲家・ピアニスト)スペシャル・イベントコンサート」が行われる予定ですので、興味ある方はお出かけください。

・HP:神奈川県民ホールギャラリー「デザインの港−浅葉克己展
日時:開催中~7月23日(木)10:00~18:00 ※最終日は16:00まで

2009/07/20(月) 10:07 | コメント:0 | トラックバック:0 |
鎌倉・大町のジャルダン食堂、6月末まで元NADIA(ナディア)の原シェフが調理を担当していました。7月に入ってからは、清水オーナーがシェフを兼任しているとのこと。先日、オットが平日に振り替え休日をもらったので、ランチタイムに行ってきました。

清水オーナーの料理をいただくのは、小坪にあったジャルダン・ヴェール以来。ジャルダン食堂になってからも、時々調理を担当されていたようですが、残念ながら行くことができずじまいだったので。

ランチタイムは、肉・魚メニューが3~4種類ぐらいあり、素材に応じて1,500~2,000円ぐらいに設定されています。メインにサラダもしくはデザートが1品つきます。
ジャルダン食堂・鴨のロースト
▲鴨胸肉のロースト オレンジソース。付け合わせの中に、旬のリュバーブが!

ジャルダン食堂・真鯛のムニエル
▲真鯛のムニエル

鴨肉はやわらかくて、オレンジが効いたソースが美味!!!(私はこっちが好み)鯛のほうも、ソースがさすが!のおいしさでした(オットはこっちが好み)。デザートには、2人ともガトーショコラを選びまして、エスプレッソロングとともにいただきました。おなかいっぱいで、大満足!!!

また、ジャルダン・ヴェールの時のように突然閉店しちゃったら悲しいので、時々食べに行きたいと思います。

清水オーナー、ジャル食のブログで「フランス視察に行きたい」と書いてあったのですが、「フランス行かれるんですか?」と聞いてみたところ、「夏休みに入ったので、難しくなってしまって……」とのこと。しばらくは、ひとりぼっちで奮闘されるようです。突然お休みになることもあるそうなので、ジャルダン食堂HPから「リアルタイム空席情報」を見てから訪問ください。

・HP:ジャルダン食堂ジャルダン食堂のブログ

ちなみに、6月末までシェフを務めた原シェフは、8月半ばに新店を出されるそうです。場所は聞けなかったんですが……。

追記1:原シェフのお店はこちら→「MANNA(マンナ)」
追記2:ジャルダン食堂は、2010年1月に閉店されました……。

2009/07/18(土) 13:50 | コメント:0 | トラックバック:0 |
※3週間もごぶさたしてしまいました。心身ともに余裕がなく、失礼しました。

さて、新しい横浜みやげをご紹介します。その名は「横浜Cafe」。単に「横浜」とついているだけのおみやげではありません! 1957年の創業以来、横浜で50年の歴史を刻み続ける「三本コーヒー」(M.M.C.マークでおなじみですよね!)が作った商品なのです。パッケージは、ハマっこキャラクター・ブルーダルを生み出したNDCグラフィックスによるもの。スタイリッシュで、横浜っぽいデザインになっています。ステキなパッケージだと、あげるのも、もらうのも、うれしいですよね~。

横浜Cafe
▲スタイリッシュで横浜っぽいデザインがステキ!な「横浜Cafe」

150年前に開港・開国してから、横浜で本格的に輸入され始めたコーヒー。1860年代には、横浜居留地に、コーヒーが飲めるカフェが次々とオープンしたそうです。コーヒーの文化は横浜で育まれた、といっても過言ではないでしょう。

そんな横浜で、コーヒーを作り続けて50周年を迎えた三本コーヒーと、たくさんの横浜みやげを生み出しているNDCグラフィックスが、「横浜を持って帰れるようなコーヒーをつくりたい」との思いから、「横浜cafe」が誕生しました。

赤いパッケージは、中南米産の豆を深めに焙煎した「Rich Blend」。青いパッケージは、ブラジル豆ベースのやさしい味の「Mild Blend」。カップに乗せて、お湯を注ぐだけの「ドリップトップ」なので、手軽に本格派のドリップコーヒーが楽しめます。「Mild Blend」を飲んでみましたが、すっきりと飲みやすい味でした。

「エクスポート社」の横浜みやげを扱っているショップ(こちら)などで買えるほか、「メイドインヨコハマ」のオンラインショップ(こちら)でも購入可能です。

■横浜cafe(5袋入、525円) 2種(Rich Blend、Mild Blend)
HP:三本コーヒーメイドインヨコハマNDCグラフィックス

2009/07/17(金) 19:55 | コメント:0 | トラックバック:0 |
フェイスブックページ
スポンサード リンク
BLOG LIST
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。