スポンサード リンク
プロフィール

Author:田辺 紫
湘南在住コピーライター。All About横浜ガイドを務めています。横浜・鎌倉で、見た・聞いた・食べたことなどをさくっと紹介します。よろしくお願いします。

All About公式ガイドブログのほうで、横浜の旬な情報を発信中。こちら(ヨコ・カマウォッチャー)では、取材した動画や横浜以外の情報を掲載しています。

2009年5月、All About 横浜(旧)ガイド日記から引越ししました。画像がないページもありますが、ご了承ください。

※文章・画像の転載はご遠慮ください。

サイト内検索
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
今年4月に開館(リニューアル)10年を迎えた、横浜赤レンガ倉庫。それを記念した夏季限定イベント「Red Brick Resort 2012」が7月28日(土)からはじまりました。ジャングルのような木々が取り囲む中には、白い砂浜が登場! 南国リゾートの気分が味わえるイベントです。8月26日(日)まで毎日開催されます。

横浜赤レンガ倉庫 Red Brick Resort 2012
▲オーストラリアから輸入されたという真っ白な砂で、砂浜が作られています。さらさらしていて、素足で歩くことも

前日に開催されたオープニングイベントでは、湘南エリアで活動しているバリ舞踏グループ「バスンダリ」がステージに登場。華麗なバリの舞踏を披露しました。
続きを読む »
スポンサーサイト

2012/07/29(日) 02:02 | コメント:0 | トラックバック:0 |
日本最大級のハワイイベント「アロハヨコハマ」が毎年開催されるなど、ハワイ人気が高い横浜。みなとみらいに、ハワイの「今」が感じられる「ハワイアンタウン」がオープン!場所は、ワールドポーターズビブレ1階。 「リアル コア ハワイ」をコンセプトに、国内初出店となるハワイアンショップをはじめ、ハワイアンフードやカルチャースタジオなど、ワゴンショップを含む21のショップが出店、新しいハワイ情報の発信基地として、ハワイカルチャーを提案します。

横浜ワールドポーターズ ハワイアンタウン オープン
▲ワールドポーターズビブレ1階にオープンした「ハワイアンタウン」

横浜ワールドポーターズ ハワイアンタウン オープン
▲ハワイアンタウンのシンボルは巨大な「バニヤンツリー」。休憩スペースにあります。空間ディレクションを担当した、ソルト・コンソーシアム株式会社の井上盛夫氏のコメントによると、気持ちいいハワイの気候、空気感、ノスタルジックな風景をイメージしたそう

13日に内覧会が行われましたので、そのようすを紹介します。
続きを読む »

2012/07/15(日) 02:58 | コメント:0 | トラックバック:0 |
横浜美術館に奈良美智展がカムバック! 2001年に横浜美術館で国内初の大規模個展を開催した奈良美智(なら よしとも)の展覧会が、7月14日(土)~9月23日(日)まで、横浜美術館で開催されます。タイトルは、奈良美智:「君や 僕に ちょっと似ている」。内覧会に参加させていただきましたので、そのようすをご紹介いたします。

まずは、奈良美智さん、逢坂恵理子館長、木村絵理子主任学芸員が登壇されたの記者会見のようすから。

奈良美智:「君や 僕に ちょっと似ている」 横浜美術館

木村主任学芸員による、本展の説明を箇条書きで紹介。
・グランドギャラリーの≪White Ghost≫2010以外の作品は、Cafe小倉山に展示されている作品も含め、本展のために、昨年の3月以降に制作された新作。
・彫刻の作品から、ペインティングへという流れで展示。暗闇から明るい光の世界へ、この1年間の奈良さんの制作のプロセスを表現している。
・本展は奈良さんが初めて制作した金属の彫刻が目玉。奈良さんの母校である愛知県立芸術大学に昨年9月~2月まで滞在制作し、今年に入って鋳造された。
・奈良さんのスタジオ(栃木県・那須塩原)を再現したインスタレーションがある。震災後の奈良さんの制作や精神的な支えとなったもの、創作の原点にふれることができるもの、奈良さんの震災後の再スタートを象徴する大型のペインティングなどが展示されている。
・アーティストトーク、トークシリーズを開催。奈良さんの作品をさまざまな視点から語る。

奈良美智:「君や 僕に ちょっと似ている」 横浜美術館
▲初めの部屋には、奈良さん初挑戦のブロンズ像、白銅像が並んでいます。いきなり後ろ向きに展示されているのは、顔は重要ではない、質感をどう表現するかに興味がある、という奈良さんの発言を受けてのことなのだとか。奈良さんの指紋がついていて、奈良さんの手を通して生まれた作品であることが強く感じられます

逢坂館長から、同時開催のコレクション展「人の形を見る―不思議な具象」展についての説明。
・「顔」「人体」など人の形に焦点を絞って、コレクション展を構成した。
・ピカソやセザンヌの作品とともに、奈良さんの過去の作品を展示。
・コレクション展の方にも、奈良さんの新作があるので、お見逃しなく。

奈良さんのあいさつ。
「えー、奈良美智です。今日はお忙しいなか、お集まりいただき、ありがとうございます。ええと……とりたてて、聞かれる前に言うことがないので、質問があったら何でも答えようと思いますので……今日は来てくれてありがとうございます」

奈良美智:「君や 僕に ちょっと似ている」 横浜美術館

ということで、質疑応答へ。最初に質問された台湾の媒体の記者さんが、そこにいた誰もが聞きたかったでしょう、3つの質問を奈良さんに投げかけました。その奈良さんの答えに、とっても感動して、うるうるしてしまいました、私。ぜひ、書き留めておきたいと思います。長文ですが、よろしければ、お付き合いください。
続きを読む »

2012/07/14(土) 03:06 | コメント:0 | トラックバック:0 |
日本大通にある「ありあけ本館 ハーバーズムーン」。横浜みやげでおなじみ、「ありあけのハーバー」の本店です。こちらでは、ハーバーなどのおみやげが販売されているほか、生ケーキの販売やカフェがあります。

昨日(7月6日)今日(7月7日)明日(7月8日)、アントルメグラッセ(アイスケーキ)の試食ができると聞き、行ってきました!

ありあけ本館 ハーバーズムーン

まずは、カフェでランチを。
続きを読む »

2012/07/08(日) 01:02 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2012年7月14日追記:シロイルカの赤ちゃんが死亡したとの発表がありました。最善の努力を尽くされたことと思います。とっても悲しいです。→こちら

横浜・八景島シーパラダイスに、シロイルカの赤ちゃんが誕生したとニュースで見たので、さっそく見に行ってきました。

横浜・八景島シーパラダイス シロイルカの赤ちゃん誕生
▲お母さんシロイルカ「パララ」と赤ちゃん

シロイルカの赤ちゃんが誕生したのは、シーパラ内の「ふれあいラグーン」。6月28日4:09、に無事に生まれました。全国でシロイルカが飼育されている水族館は4館、赤ちゃん誕生は3館で、今回9例目となります。東日本では初のことです。

シロイルカの赤ちゃんのお母さんは「パララ」、お父さんは「トロロ」。赤ちゃんの体長は約150cmで、メスと推定されています。「シロイルカ」の名前の通り、お母さんは真っ白なのですが、赤ちゃんは濃いグレー。成長するにつれて脱皮を繰り返し、10年かけて白くなっていくそうです。

シーパラの「ふれあいラグーン」の水槽では、お母さんと赤ちゃんが泳ぐ姿を少し離れた場所から見学することができます。私が見に行ったのは、6月30日。お母さんにぴったりと寄り添って泳ぐ赤ちゃんの姿を、柵の外から見ることができました。
続きを読む »

2012/07/01(日) 17:55 | コメント:0 | トラックバック:0 |
フェイスブックページ
スポンサード リンク
BLOG LIST
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。