スポンサード リンク
プロフィール

田辺 紫

Author:田辺 紫
湘南在住コピーライター。All About横浜ガイドを務めています。横浜・鎌倉で、見た・聞いた・食べたことなどをさくっと紹介します。よろしくお願いします。

All About公式ガイドブログのほうで、横浜の旬な情報を発信中。こちら(ヨコ・カマウォッチャー)では、取材した動画や横浜以外の情報を掲載しています。

2009年5月、All About 横浜(旧)ガイド日記から引越ししました。画像がないページもありますが、ご了承ください。

※文章・画像の転載はご遠慮ください。

サイト内検索
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |

約10日間、夏休みをいただき、ありがとうございます。実家のある広島に帰省してまいりました。いつもはちょろっと帰るだけなので、誰にも連絡せずにひっそりと帰省しているのですが、今回は各年代の友人に会うことができました。

##突然の帰省の連絡にも関わらず、付き会ってくれて、みんな、ありがとうね~!

 

合わせて、広島で食べたかったものも、いろいろ食べてくることもできました。

・お好み焼き(※しかも2回じゃけぇ!)
・来頼亭の中華そば(※子どものころから食べている)
・小イワシの天ぷら(※お盆なので刺身は食べられなかった……)
・ミニヨンのシュークリーム(※福屋で購入)
・メロンパンのあんぱん(※福屋で購入)
・うえのの穴子弁当(※三越で購入)

 

また今回の帰省では、「もう行くチャンスがないかも」と思っていた、ポット・プーリーのパスタ&ケーキが食べられたのでホントに満足です。ポット・プーリーは、広島と山口の県境近く、小瀬川ダム湖畔に建つ小さなカフェレストラン。大学時代の友人がクルマを出してくれ、連れて行ってくれました。

 

大学生の時、友人の友人が教えてくれたお店で、さっぱり味のツナのパスタや季節のバターケーキを食べによく行った、思い出のお店です。緑に囲まれていて、ここへ来ると気持ちがリセットされます。社会人になってからも、ドライブがてら年に数回、訪れていました。

ポット・プーリー

 

何度も通ったはずなのに、「あれ? こんなに遠かったっけ?」と迷いながら、何とかたどり着きました。「こんにちは~」とドアを開けると、マスターの田の中さんと奥さんが「あぁ~! お元気でしたか~」と、すぐに私たちのことを思い出してくれました。記憶が正しければ、8年ぶりの訪問です。

 

もちろん、メニュー構成は変わっていますが、パスタは健在。パスタランチ(1,500円)をいただきました。その日のパスタは「トマトにとまとソースのパスタ」「黒ゴマ風味のパスタ」の2種類。お手間をかけてしまいますが、1種類ずつオーダーして半分こしました。サラダ(※おからサンドイッチ、自家製ケーキのチョイスも可)と、自然酵母を使った自家製パン、食後のコーヒーがついてきます。

ポット・プーリー パスタランチ

 

昨年、テニスコートがあった場所が農園になったということで、おいしさがパワーアップ!していました。とれたての無農薬野菜がたっぷりのサラダ&パスタ。これぞ「太陽の味」だ!と思いながら、ぺろりとたいらげてしまいました。お皿に残ったソースまで、パンでぬぐって。いやはや、250坪もの農園を管理(しかも無農薬で!)するのは、容易ではないと思います。手間ひまかかった野菜だからこそ、の味です。

 

食後の自家製ケーキは「遠路はるばる来られたので、サービスさせてくださいね」との奥さんのお言葉で、ありがたくごちそうになりました。「ブラックベリー&ヤマモモのバターケーキ」「クラシックタイプのガトーショコラ」です。ケーキをごちそうになりながら、4人でおしゃべりをしました。

ポット・プーリー 自家製ケーキ

 

聞けば、今年でオープンしてから20年。私たちが通っていたのは、オープンごろだったのかぁ。月日の流れは早いです! でも、田の中夫妻はちっとも変わっていません。う~ん、若い!! もちろん、体力を維持するために、日々ストレッチ体操をして鍛えていらっしゃるようです。あぁ、見習わなくては……。

 

20年間の山暮らし。自給自足生活の中には、私たちにはわからない、ご苦労もあったことと思います。が、お二人は楽しそうに毎日の出来事を語ってくれます。そんな二人に会いに、こんな(失礼!)山の中まで来てしまうのかもしれません。

 

私たちの今について、奥さんの病気や年齢による体力の衰えについて、食の安全について……気が付けば、閉店時間がとうに過ぎた18:00になっていました。あわわ~、長々とオジャマしました! 「あと10年、がんばる予定だから」──そう言って、私たちを送り出してくれました。おみやげのとれたてキュウリと笑顔を沿えて。

 

あと10年。2016年をゴールとして、お二人のライフワークである「小瀬川H.Sコミュニティ」の完成をめざしておられるのです。思えばオープン当時から、お話の端々に、その目標が見えていたように感じます。あれから20年、いよいよゴールが見えてきた、というわけです。田の中夫妻、ゴールまでどうぞお元気で、がんばってください!

##というか、私の方こそがんばれよ!という感じなんですけどね……(汗)。

 

・ポット・プーリーのサイト
http://www.sea.icn-tv.ne.jp/~p.p/

 

・ポット・プーリー山暮し研究所 in 小瀬川H.S.C(ブログ)
http://ozegawa.exblog.jp/

スポンサーサイト

2007/08/20(月) 13:49 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


フェイスブックページ
スポンサード リンク
BLOG LIST
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。