スポンサード リンク
プロフィール

田辺 紫

Author:田辺 紫
湘南在住コピーライター。All About横浜ガイドを務めています。横浜・鎌倉で、見た・聞いた・食べたことなどをさくっと紹介します。よろしくお願いします。

All About公式ガイドブログのほうで、横浜の旬な情報を発信中。こちら(ヨコ・カマウォッチャー)では、取材した動画や横浜以外の情報を掲載しています。

2009年5月、All About 横浜(旧)ガイド日記から引越ししました。画像がないページもありますが、ご了承ください。

※文章・画像の転載はご遠慮ください。

サイト内検索
月別アーカイブ
QRコード
QR
前エントリー食遊会・横浜スタイル ガストロノミ食の祭典 in 三溪園の続き。お料理はまだまだたくさん!

食遊会スペシャルパーティー~横浜饗応の膳レセプション~
ストラスブール 小山シェフによる「海の幸のムース香草風 パイ包み焼き」

食遊会スペシャルパーティー~横浜饗応の膳レセプション~
濱新三代目・山菅氏のお料理。ジャガイモのなかに、鳥のひき肉が入っていました。山菅氏は、2004年に「ペリー饗応の膳」を文献から再現した方で、8日の「横浜饗応の膳2009」も担当されました
食遊会スペシャルパーティー~横浜饗応の膳レセプション~
ビストロバルブ「子羊腿肉のトマト煮込み」をよそってくれた中条シェフ

食遊会スペシャルパーティー~横浜饗応の膳レセプション~
崎陽軒「中国料理 嘉宮」のスペアリブ。スパイシーでした

食遊会スペシャルパーティー~横浜饗応の膳レセプション~
▲デザートだ!と思いきや、「フォアグラのムース入り マカロンのハンバーガー仕立て」。ホテルモントレ横浜 吉田シェフの創作料理

まだまだお料理があったのですが、全部は回りきれず。ブースを出されたすべてのお店が知りたいなぁ……。会場で出展一覧などがもらえたら、イベントに参加された皆さんもレストランに再訪しやすいだろうな、と思います。
#あ! 私が全店紹介すればよかったですね(汗)。プライベートだったので、メモもとっておらず……ですみません。

そんなこんなで、「食遊会スペシャルパーティー~横浜饗応の膳レセプション~」は、大盛況のうちにお開きとなりまして、続いて、シェフが出品する「チャリティオークション」が開催されました。司会を務めたのは、ストラスブールの小山シェフ。おもしろく進めてくださいました。

シェフたちのお宝が13点出品されました。中には、巨人の選手(5名)のサインや、マリノス時代の中村俊輔のサイン皿なども出品されたのですが、やっぱ、ファンじゃないとその価値は、むむむむ~ということで(略)。

食遊会スペシャルパーティー~チャリティーオークション
▲ピエール・オルシ氏が出品したのは、ご自身のコックコート。「ORSI」と刺繍がはいった特注品

食遊会スペシャルパーティー~チャリティーオークション
霧笛楼の今平総料理長が出品したのは、「横浜饗応の膳2009」のために作られた増田焼の特注皿。シリアルナンバー入り。オルシ氏が手がけた肉料理に使われ、おみやげにもなったそう

食遊会スペシャルパーティー~チャリティーオークション
ブラッスリーティーズの福山オーナーシェフが出品したのは、フランス製のホウロウ鍋「ストウブ」

オークションで盛り上がった後は、三溪園「蛍の夕べ」が行われていたので、ホタルを見て大満足で帰宅したのでした。この「蛍の夕べ」は、6月12日、13日、14日も開催されますので、お運びください。※雨が降ったり、強風だったりすると、残念ながらホタルは飛びません……。

以上は、7日に行われた前夜祭的なイベントで、本番は翌日の「横浜饗応の膳2009」です。どんなお料理だったのかは、「カナロコ」(神奈川新聞)の記事で……。
ペリーもてなした料理再現/横浜
※追記:ハマ経にも掲載されています。
横浜ガストロノミ協議会が三渓園で「横浜饗応の膳2009」

シェフの皆さん、関係者の皆さん、本当にお疲れさまでした!!!

■HP:食遊会 in 三溪園
スポンサーサイト

2009/06/09(火) 22:06 | コメント:2 | トラックバック:0 |
コメント

リヨン :

二度とないであろう三渓園で食のイベント。
本当に素晴らしかったと思います。

そうしたイベントをしっかり記録してくれる方がいるというのはありがたいことです。
これからもよろしくお願いします。

タナベ : Re: リヨンさま

コメントありがとうございます。リヨンさんも、準備から後片付けまで、奔走されたことと思います。お疲れさまでした!

紹介した前夜祭に続き、「横浜饗応の膳2009」も、ホスピタリティあふれるお料理が提供されたことでしょう。シェフの皆さんの素晴らしい結束、スタッフの皆さんのサポート、そのすべてが「食遊会」の成功につながったと思います。

引き続き、6月末までの横浜フランス月間も、盛り上がることを期待いたします。
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


フェイスブックページ
スポンサード リンク
BLOG LIST