スポンサード リンク
プロフィール

田辺 紫

Author:田辺 紫
湘南在住コピーライター。All About横浜ガイドを務めています。横浜・鎌倉で、見た・聞いた・食べたことなどをさくっと紹介します。よろしくお願いします。

All About公式ガイドブログのほうで、横浜の旬な情報を発信中。こちら(ヨコ・カマウォッチャー)では、取材した動画や横浜以外の情報を掲載しています。

2009年5月、All About 横浜(旧)ガイド日記から引越ししました。画像がないページもありますが、ご了承ください。

※文章・画像の転載はご遠慮ください。

サイト内検索
月別アーカイブ
QRコード
QR
先日、7月4日から始まる「開国博Y150 ヒルサイドエリア(以下、ヒルサイド)」のプレスプレビューがありました。ヒルサイドのメインコンテンツは、「市民創発プロジェクト」。市民が考えて実行する186ものプロジェクトが、86日間のヒルサイド期間中、週替わりで展開します。

開国博Y150 ヒルサイドエリア
▲ヒルサイドの概要を説明する、Y150総合プロデューサーの小川巧記氏
Y150総合プロデューサーの小川巧記氏は、「ヒルサイドは市民の皆さんが主役です。ポスターのコピーは『つなガール。あそボーイ。森の開国博、はじまる!』。子どもたちに、開国150年目の夏を体感して欲しいと思います。ヒルサイドにくれば、夏休みの自由研究ができるような、体験できるイベントがたくさんあります。ココから、次の横浜を担う人が生まれて欲しいですね」と、ヒルサイドの主旨について説明されました。

▼市民創発プロジェクトの内容については下記サイト(pdf)でチェック! 展示期間が限られているものもありますので、気になるプロジェクトが行われる日程にお出かけください。
開国博Y150 ヒルサイド 市民創発プロジェクト一覧

開国博Y150 ヒルサイドエリア
▲隣接する「よこはま動物園ズーラシア」とたねまるが一体になったロゴ。一体になって取り組みます、という意味を表しているそう

開国博Y150 ヒルサイドエリア
▲ステージなどがある「竹の海原」。波うつ屋根は、「ベイサイド」のイメージを表しています

開国博Y150 ヒルサイドエリア
▲8月の毎週土日と9月19日~27日は、20:30まで営業時間が延長されます(通常は9:30~17:30まで)。夜間は、竹の海原が、あんどんのような淡い光を放ちます! 夜景の説明をするのは、ヒルサイドエリア会場ディレクター 柗井正澄(まつい まさすみ)氏

「里山の風景を作ったことで、鳥や昆虫など、いろいろな生きものがやってくるようになりました。それらの姿を見たり、朝・昼・夜の1日の光の変化を楽しんだり。アサガオで緑のカーテンも作っていますから、育ってくるとまた風景が変わると思います。そんな自然の変化も楽しんでください」(柗井氏)

▼会場の広さや「竹の海原」の説明など、ヒルサイドエリアについては下記記事で
All About横浜→開国博Y150ヒルサイドエリア 竹の海原公開

開国博Y150 ヒルサイドエリア
▲里山の風景を再現する、田んぼと畑(↓)。60名以上のボランティアが、コシヒカリとキヌヒカリの苗を植えました
開国博Y150 ヒルサイドエリア

市民創発プロジェクトのほかに、「つながりのダイアローグ」という、トークを中心に、パフォーマンスやライブ、ワークショップなどが行われるイベントも行われます。現在予定されているゲストを、一部ご紹介します。※予定は変更になることもありますので、あらかじめご了承ください。
・7月4日(土)10:00~11:00 マエキタミヤコ氏
・7月5日(日)11:00~12:00 日比野克彦氏
 ※7月5日~8日はつながりの広場にて、FUNEプロジェクトワークショップも開催
・7月11日(土)時間未定 白井貴子氏
・7月19日(日)12:30~13:00 マリ・クリスティーヌ氏
・8月2日(日)時間未定 C.W.ニコル氏
・9月13日(日)時間未定 堀江謙一氏

このほか、次世代の移動手段・セグウェイでヒルサイドを巡る体験(8月の毎週金・土を予定)や、横浜トリエンナーレ2008で好評を博した、大巻伸嗣氏「Memorial Rebirth in ヒルサイド」のシャボン玉のパフォーマンス(7月18日、19日、9月20日~23日予定)、伐採された竹を使って灯りをともす竹灯篭(9月22日~25日)、横浜市環境創造局のゲリラ豪雨体験「かみなり大王ゴロゴロ」なども予定されています。
開国博Y150 ヒルサイドエリア
▲8月の金、土曜日は、セグウェイに乗ってヒルサイドエリアを巡るツアーが開催。1回約1時間、1日5回を予定

開国博Y150 ヒルサイドエリア
▲横浜市環境創造局による、「かみなり大王ゴロゴロ」。ブース内にゲリラ豪雨が降り注ぎ、体感することができます。降った雨(水)は、畑や水田などに使われるそう

さらなる目玉イベントは、「バッタが巨大だったころ」なのですが、これは次回のエントリーにてじっくりご紹介します!
開国博Y150 ヒルサイドエリア
▲竹の海原から巨大バッタの姿が!!!

■HP:開国博Y150公式
■HP:開国博Y150 ヒルサイド公式
■All About横浜 記事:開国博Y150ヒルサイドエリア 竹の海原公開
スポンサーサイト

2009/06/18(木) 01:20 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


フェイスブックページ
スポンサード リンク
BLOG LIST