スポンサード リンク
プロフィール

田辺 紫

Author:田辺 紫
湘南在住コピーライター。All About横浜ガイドを務めています。横浜・鎌倉で、見た・聞いた・食べたことなどをさくっと紹介します。よろしくお願いします。

All About公式ガイドブログのほうで、横浜の旬な情報を発信中。こちら(ヨコ・カマウォッチャー)では、取材した動画や横浜以外の情報を掲載しています。

2009年5月、All About 横浜(旧)ガイド日記から引越ししました。画像がないページもありますが、ご了承ください。

※文章・画像の転載はご遠慮ください。

サイト内検索
月別アーカイブ
QRコード
QR
4月8日は灌仏会。お釈迦さまの誕生日をお祝いする、花祭りです。鎌倉の極楽寺では灌仏会の前後(2010年は4月7~9日)に、ご本尊である秘仏・釈迦如来立像が特別公開されます。

4月8日のみ灌仏会が行われ、極楽寺開山忍性の五輪塔(国重要文化財)が公開されるとのことで、行ってきました。

鎌倉・極楽寺
▲江ノ電・極楽寺駅。お天気も良く、サクラがきれいに咲いていました。いつ訪れても、ほのぼのする駅です
鎌倉・極楽寺
▲極楽寺の門前。境内は「撮影禁止」と書かれていたので、画像は茅葺きの山門のみで失礼します~

境内の参道の両側のサクラが、ちょうど見ごろを迎えていました。春に訪れるのは初めてだったので、いつもの静かなイメージからは想像できない華やかさでした。

本堂の前には、小さなお釈迦さまをまつった花御堂が安置されています。かわいらしいお花で囲まれ、甘茶をかけることができました。

本堂横の転法輪殿(宝物館)で、清涼寺式釈迦如来立像(国指定重要文化財)を拝むことができます。500円を奉納し、中へ。中央に釈迦如来立像が、その周りには木造十大弟子立像、右側には木造釈迦如来座像がまつられていました。

お寺の方のお話によると、清涼寺式釈迦如来立像とは、京都の清涼寺にある本尊釈迦如来像を模刻したもので、全国各地に60体以上あるそう。(ちなみに、横浜市金沢区の称名寺にもあるのだとか)もともと眼には水晶が入っていたとされていますが、度重なる火災などの影響でなくなり、現在は黒い漆で描いてあります、とのことでした。波紋のような美しい模様、しなやかな手が印象的でした。

木造釈迦如来座像は、転法輪の印を結んでいるのですが、これは珍しい(手や指の形のことでしょうか??)とのことでした。端正な顔立ちにしばし見とれてしまいました。

本堂の中にも入ることができました。中央には不動明王像が、右側には開山の忍性菩薩像が鎮座していました。

本堂の裏手では、開山忍性菩薩五輪塔などの墓所も公開されていました。五輪塔は国指定重要文化財で、高さ約4mの石造りの塔です。

本堂右手では、暖かい甘茶のお接待が。晴れていたけれど寒かったので、とってもありがたかったです。後味がとっても甘く、居合わせた女性の方と顔を見合わせ「甘~い」と笑顔になりました。

客殿では、お抹茶のお接待もあるとのことで、中へ入ってみました。入り口で100円を奉納して緋毛氈に座ると、お抹茶と干菓子がいただけます。すばらしい中庭も堪能することができました。

普段は、ひっそり(失礼!)している極楽寺ですが、花祭りの今日はとってもにぎやかでした。

明日(4月9日)は、10:00~12:00まで秘仏・釈迦如来立像が公開されますので、どうぞお出かけください。
鎌倉・極楽寺

■極楽寺
所在地:鎌倉市極楽寺3-6-7
アクセス:江ノ電 極楽寺駅より徒歩約3分
HP:極楽寺(鎌倉市)
HP:神奈川県観光情報サイト「観光かながわNOW」4月
スポンサーサイト

2010/04/08(木) 17:59 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


フェイスブックページ
スポンサード リンク
BLOG LIST