スポンサード リンク
プロフィール

田辺 紫

Author:田辺 紫
湘南在住コピーライター。All About横浜ガイドを務めています。横浜・鎌倉で、見た・聞いた・食べたことなどをさくっと紹介します。よろしくお願いします。

All About公式ガイドブログのほうで、横浜の旬な情報を発信中。こちら(ヨコ・カマウォッチャー)では、取材した動画や横浜以外の情報を掲載しています。

2009年5月、All About 横浜(旧)ガイド日記から引越ししました。画像がないページもありますが、ご了承ください。

※文章・画像の転載はご遠慮ください。

サイト内検索
月別アーカイブ
QRコード
QR
ラー博に期間限定店がオープン中! 名前は「麺翁 百福亭(めんおう ももふくてい)」で、4月20日(火)~5月16日(日)のたったの27日間しか営業しない超・期間限定店です。「麺翁 百福亭」は、インスタントラーメンの開発者・安藤 百福(あんどう ももふく)氏の生誕百年を記念した特別企画。『安藤百福氏が世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」を開発する際、近所の方々に振舞ったであろうラーメン』をコンセプトに、一風堂の店主・河原成美氏がプロデュースしました。
ラー博 麺翁 百福亭
▲日曜日、開店直後に入館したにも関わらず、「麺翁 百福亭」はすでに20分待ちの行列!

メニューは、百福元味(850円)を基本に、チャーシュー麺、半熟塩玉子入り、それぞれのミニラーメン、トッピング(メンマ、のりなど)、ごはん(鶏めしなど)があります。百福元味を食べました。
縮れ麺の食感は、まさにチキンラーメンのそれ。スープは見た目以上に脂っこい感じ。脂が表面を覆い、あつあつです。しょう油の香ばしい感じも、チキンラーメンのスープを髣髴とさせます。
ラー博 麺翁 百福亭
▲「百福元味(850円)。燻製チャーシュー、メンマ、ホウレンソウ、揚げゴボウ、なるとがのっています

白ねぎと玉ねぎが入っていて、しゃきしゃきの食感を演出。テーブルにはトッピング用の青ねぎと天かすが置いてあります。なんと入れ放題! さらにしゃきしゃきしたい方は、青ねぎをたっぷりどうぞ。

ラー博 麺翁 百福亭
▲トッピングの青ネギと天かすを入れたところ

ラー博 麺翁 百福亭
▲1階奥の展示ギャラリーでは「インスタントラーメンの父 安藤百福生誕百年 特別展」が開催

せっかくなのではしご。「支那そばや」へ。(注:全部ひとりで食べたわけではありませんよ。念のため)

ラー博 支那そばや「ねこまんま」
▲左上:佐野実厳選食材シリーズ第2弾「ねこまんま」 右上:限定塩らぁ麺 左下:佐野実厳選食材シリーズ第1弾「禁断のたまごかけごはん(烏骨鶏卵使用)」+ミニラーメン(醤油らぁ麺) 右下:ある意味最強の組み合わせ! ねこまんま+禁断のたまごかけごはん

麺翁 百福亭は、5月16日(日)までの超・期間限定なので、お早めにどうぞ!!

HP:新横浜ラーメン博物館……ゴールデンウィークの攻略ガイドが紹介されています!
関連:ラー博「中華そば 坂本」淡麗鶏スープがうまい!
関連:さっくさくのパイがたまりません! ラ・メゾネ
スポンサーサイト

2010/04/27(火) 01:03 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


フェイスブックページ
スポンサード リンク
BLOG LIST