スポンサード リンク
プロフィール

田辺 紫

Author:田辺 紫
湘南在住コピーライター。All About横浜ガイドを務めています。横浜・鎌倉で、見た・聞いた・食べたことなどをさくっと紹介します。よろしくお願いします。

All About公式ガイドブログのほうで、横浜の旬な情報を発信中。こちら(ヨコ・カマウォッチャー)では、取材した動画や横浜以外の情報を掲載しています。

2009年5月、All About 横浜(旧)ガイド日記から引越ししました。画像がないページもありますが、ご了承ください。

※文章・画像の転載はご遠慮ください。

サイト内検索
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
2010年10月17日(日)に行われた、SMA(ソニーミュージックアーティスツ)のイベント、「ベストヒット☆SMA」に行ってきました。SAM所属アーティストたちが、渋谷・原宿のライブハウス・ホール全10ヵ所で同時多発ライブを行うというもの。大好きなユニコーンが出演する、C.C.Lemonホールに観に行きました! ユニコーンのほかに、氣志團、T-SQUARE、国生さゆりが出演。フィナーレは、SMA所属のアーティストが大集合して、テーマソングを合唱する、という内容でした。いやはや、会場は爆笑の渦に包まれました!

ベストヒット☆SMA @C.C.Lemonホール

ユニコーンのライブを観るのは、ちょうど1年前10月20日の「川西幸一 50歳記念 チョットオンチー栄光の50年」@大阪城ホール以来、1年ぶり。(あ、川西さん、お誕生日おめでとうございます!)今年はユニコーンは夏フェスに出演しましたが、ひとつも行けなかったので、とっても楽しみにしていました~。

地方出身者(広島県人じゃけぇ)にとって、C.C.Lemonつまりシブコー(渋谷公会堂)は、武道館と並ぶ憧れのライブの聖地なのですが、私、今回が初めての参戦。で、さんざん道に迷って開演に遅刻してしまいました(涙)。

以下、レポ(超・長文注意!)&セットリスト↓
到着したのは、開演15分遅れの17:45。早く家を出ればよかった~! 入場すると、「バレンタインデー・キィィッス 恋の記念日~」という国生さゆりさんの歌声が漏れてきて、「楽しんでね~」とハイテンションで手を振りながら、はけていくところでした(涙)。しかーし、国生ってば、若い! オーバー40の星だなぁ~。

席についてしばらくすると、2組目、T-SQUAREのステージがはじまりました。タイトルはわからなかった(申し訳ない!)けど、どれも「聴いたこと、ある、ある」なメロディー! さすが大御所。ラス前の『TOMORROW'S AFFAIR』で、「みんな立って~」と伊東たけしさんがジェスチャーで促すと、会場は総立ち→ジャンプ! そのままラストは、F1のテーマ曲でおなじみ『TRUTH』で超・超盛り上がりました。F1のテーマ曲が生で聴けるなんて~! すばらしい!!

転換の間は、webで公開されている『ベストヒット☆SMA~Song Meets Audience』の制作過程を追った、「テーマソングが出来るまでを追った超短編ムービー」がスクリーンに映し出されました。すっかり、テーマソングがすり込まれてしまいました(笑)。

3組目は、氣志團。が登場。いきなり大ヒット曲『One Night Carnival』で会場を沸かせます。しかし……サビをオーディエンスが歌うくだりで声が小さかったのか、團長が「今年、各地のフェスに出させてもらいました。ここでシーンとなって……。『氣志團まだいたの!?』みたいな。一生懸命歌ってくれる人もいて、『ええっ!? 氣志團ファン!? アタタタタ……』みたいな。寂しい思いをさせてゴメンな!」

「全員歌わねぇとユニコーンに会わせねーからな~。関係ねーし!」「知ってるか? C.C.Lemonホールは10時までしか音、出しちゃいけねーんだぞ。ここに居座ったていいんだぜー」とステージに座り込むと、会場からは「えー」。「カメラ回ってるからさ、口パクでもいいからさ」と、手ぶり身ぶりを交えて歌詞をレクチャー。最後には「っていうか、おねがいしまーす」と土下座までした甲斐あって、会場からは「恋しているのさ~」とさらに大きな歌声が響き渡りました。「オレたちのほうがお前らに……恋しているのさ~」と歌い上げ、『One Night Carnival』は終了。

2曲目にいくのかと思いきや、舞台上で着替えをはじめる氣志團。「氣志團が贈る『ベストヒット☆SMA』、はじまるよー」と、團長が司会者になると、ランマさんと松さんがさわやかなシャツ姿で登場、真心ブラザーズの『サマーヌード』を歌いはじめました。沸きあがる会場。SMAのヒット曲を氣志團カバーする、という企画のはじまりです。

『サマーヌード』が終わると、SMAの会長・原田公一さん(ユニコーンファンは誰もが知っている有名人)の偽者がローリングストーンズのTシャツ(後ろに「原田ハム一」と書いてある)、半パン姿で出現。「下心ブラザーズ? 真心のカバーをするためにデビューする新人? それって意味あるの?」と、厳しくツッコミ(笑)。

続いては、木村カエラの『Butterfly』を、女装したドラムのユッキさんが歌いあげます。足きれー! めっちゃ歌うまー!と思って聞き入っていると、ラストに向かうにつれて、手振りが激しくなり……。原田さん(偽者)に、「え? もくむらカエラちゃんっていうの? 最後の激しい動きはいつもするの? いいねー。じゃがんばって」とよくわからんツッコミが(爆)。

團長と早乙女さんが「PUFFY&Co.」のTシャツを着て小走りで登場、PUFFYの『渚にまつわるエトセトラ』を熱唱します。「カニ、食べいこう~」のパンチ付き。会場も一緒に、手振りしながら「カニ食べいこう~」と合唱。ぎこちない動きがパフィーみたいでした(笑)。團長、歌詞を忘れたのかまちがえたのか、苦笑いしてたような……。

お次は、真っ赤なセーラー服を着た国生が再び登場。光GENJIみたいな衣裳を着た、微熱DANJIがバックで踊ります。曲は、国生の『ソレ以上、アレ未満』。曲の終わりには、制服に着替えた團長と早乙女さんも合流。曲終わりのMCで「もう~、誰も出て来ないから、ひとりで最後まで歌うのかと思った~」と国生。すると團長、「遅れてすみません……ホックがなかなか止まらなくて……」と平謝り。さらに「憧れの方と一緒にステージに立てるなんて……夢がかないました。ありがとうございます!」と、大喜び。会場からは拍手、拍手!

「最後の曲です。ボクたちが大好きな曲です」と團長が言うと、聴き覚えのあるギターのイントロが……これは! ユニコーンの『服部』だぁ~! 会場がヒートアップ!! 『服部』の完全コピーに感激です。原田さんの偽者が5人も出てきて、バックでキレのあるダンスを踊りまくります。するともう1人、ローリングストーンズのTシャツに半パンの方が出てきて、こそっとまざり、キレのないダンス(笑)とはじめます。うわあ~、ホンモノの原田さん!? 総勢6人の原田ンサーズに、会場は大うけ。で、ホンモノの原田さんは、またこそっとはけていきました。最後には、原田ンサーズがバック転とかはじめちゃって……。拍手拍手で氣志團のステージが終わりました。

もう氣志團、最高! 最高のエンターテイナー軍団!! 「SMAのために」という気持ちがあふれた、すばらしいステージでした。(氣志團ファンの皆さんは、もっと氣志團の曲が聴きたかったかも、ですが)

4組目は、お待ちかねのユニコーン! SE「裸の大将」の主題歌『野に咲く花のように』が流れるなか、メンバーがぐだぐだ(=gdgd)と登場(笑)。1曲目はもちろん『裸の太陽』。「裸の太陽」の歌詞を「裸の大将」に置き換えると、会場からは笑いが。

2曲目は、ベースebiさんが歌う『薔薇と憂鬱』。うわー、この曲、生で聴けてうれしい~。お約束、ebiさんの「C.C.Lemonホール!」のシャウトも聞けました(笑)。(タミオからは、さっき「C.C.Lemonホール」って言ったのか。声、ちっちぇーから何言ってんのかわからんかった!」とつっこまれてました)

タミオのあいさつ。「今日はたくさんの方にお越しいただいて、ありがとうございます。このイベントを通して、みんな、ものすごく仲がいいことが伝わったでしょうか」会場「はーい」、タミオ「伝わるわけ、ないじゃないすか! 打ち上げで会ったってね、どうせ社交辞令ですよ」と、いつもながらのドSな発言(笑)。「今日は、氣志團の先生(阿部Bのこと)もいますんでね、オリジナルな技をですね、観ていただいてね」。

で、ギターのイントロ。3曲目は『与える男』だー!!! これも生で聴きたかった! 4曲目はテッシーが前に出てきて『オッサンマーチ』。ステージを右へ左へ、忙しく走り回ります。会場も「オッサーン」と一緒に歌います。

ドラムのイントロで阿部Bが前に出てきて、『WAO!』がはじまるのかと思いきや、タミオのカウベルの「コンコンココン」の後に「SMA」と歌い、トコトコと歩きながら「SMAに社歌があるのを知っているか?」と言いはじめて……。それを聞いたタミオが、あわててカウベルを置き、アコギをエレキにチェンジ。

「そういえば、打合せをしてなかったんだが、SMAは何年なんだ? 社名が変わったから、ややこしいだ」「ま、ん~年でいっか。ん~年でいこう」と、ひとり納得する阿部B。おもむろにカンペ(注:社歌といっても住所・電話番号を叫ぶだけ)を手にとり、「コンセプト青山5階だけじゃなくて、6階もなんだよな」とつぶやくと「よし。5階の後に続いて、6階と言ってくれ。ごかーい、ろっかーいだ」と、みんなに指示。というわけで、ようやく『SMA』(旧CSA)がはじまります。「ああー、つわものどーもにー。あーいされて、んん~ねーん。ワンツースリーフォー」「東京都渋谷区神宮前3丁目1番30号コンセプト青山5かーい(6かーい)東京03……」「S・M・A! S・M・A!」

「ろっかーい、間違えただろ!」と、メンバーに突っ込む阿部B。で、客席に向かって「SMAってどういう意味か知ってるか」「セ×××、マ××、ア××だ!」と、昨年の「蘇える勤労ツアー」とはちがう放送禁止用語を連発。タミオが「去年の方が、まだ上品だったろ!」と即ツッコミ。「ん? なんて言ってたか教えてくれよ」と阿部B。ちゅうちょしながら「S・M ア××、だよ」と答えるタミオ。いいオッサンたちが、下ネタのオンパレードって……(苦笑)。ま、会場もいい歳なんで、笑いで受け止められるんですけどね(爆)。超高速SMAを演ってから、6曲目の『WAO!』に。「流れる波は~」で、会場に“1173”が立ち上がります。あー、楽しい!!

阿部Bが「アンコールは『大迷惑』!」と叫びながらキーボード前に戻ると、ギターのイントロが。会場も「だいめいわく」「かえりたい~」と一緒に歌います。めちゃめちゃ盛り上がって、ユニコーンは終了。残念ながら、夏フェスで披露された新曲『晴天なり』は聴けませんでした~。

フィナーレは、ベストヒット☆SMA 全10会場に出演した147名がステージに上がり、真心ブラザーズ・桜井氏がプロデュースしたテーマソングを『ベストヒット☆SMA~Song Meets Audience』を全員で歌います。

SMAのタレント部門の顧問・徳光和夫さんの司会。「SMAには2種類のアーティストがいると思います。笑いをとりにいくグループと、笑いに関心がないグループ」「ユニコーンの演奏はさすがですね。五臓六腑に染み渡りますね。氣志團は、小学校を回ったら、イジメも不登校もなくなりそうですね」真心・桜井さんを呼んで「どうですか?」とコメントを求めると、「こんなすごい現場は一生ないと思います。SMAでよかったです」と答える桜井さん。その間に、ぞろぞろ~ぞろぞろ~と並ぶ、SMAのアーティストの面々。

『We Are The World』のように、パートごとに担当したアーティストがマイクの前へ出てきて歌います。ちなみに、トップバッターは、ベボベの小出くんでした。「ぼくらはうたう、とにかくうたう」感動的ないい歌詞なのに、なんでSMAの面々が歌うとグダグダで笑ってしまうんだろう……(笑)。

最後は、アーティスト部門の顧問・タミオが、会長・原田さんにムチャぶりすると、PA席から走ってステージに上がる原田さん。「また来年もこのようなイベントができれば」とコメント。〆は、徳光さんと團長、せーので「ズームイン」! で、終了しました。

グダグダとはけていくSMAの皆さん。最後は舞台袖で渋滞発生(笑)。川西さんが最後まで両手を振ってくれて……。徳光さんが「明日は月曜日で学校や会社の方もいらっしゃるでしょう。これでイベントは終わりですので、どうぞお帰りを……」と、最後の最後まで司会されてて。とにかく、笑って、笑って、笑って、楽しいステージでした! しあわせな時間をありがとう! SMAの皆さん!!

※長文にお付き合いいただき、ありがとうございます。記憶違いの部分もあるかもしれませんが、何卒ご了承ください。

■セットリスト
2010年10月17日(日) ベストヒット☆SMA「LIVE&RARE」 @C.C.Lemonホール
参考→スタッフツイッターBHSMA C.C.Lemonホール

【国生さゆり】
バレンタイン・キッス

【T-SQUARE】
OMENS OF LOVE
宝島
ハワイへ行きたい
LITTLE POP SUGAR
TOMORROW'S AFFAIR
TRUTH

【氣志團】
One Night Carnival
 ~氣志團がお送りするベストヒット☆SMA
サマーヌード(下心ブラザーズ…星グランマニエ、白鳥松竹梅)
Butterfly(木村~もくむら~カエラ)ドラム(白鳥雪之丞)
渚にまつわるエトセトラ(綾小路翔、早乙女光)
ソレ以上、アレ未満(綾小路翔、早乙女光 with 微熱DANJI、国生さゆり)
服部(with 原田ハム一ダンサーズ5名と原田さんご本人登場!)

【ユニコーン】
(SE)裸の大将のテーマ
裸の太陽
薔薇と憂鬱
与える男
オッサンマーチ
SMA
WAO!
大迷惑

【SMA All Stars】
ベストヒット☆SMA~Song Meets Audience
スポンサーサイト

2010/10/20(水) 12:55 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


フェイスブックページ
スポンサード リンク
BLOG LIST
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。