スポンサード リンク
プロフィール

Author:田辺 紫
湘南在住コピーライター。All About横浜ガイドを務めています。横浜・鎌倉で、見た・聞いた・食べたことなどをさくっと紹介します。よろしくお願いします。

All About公式ガイドブログのほうで、横浜の旬な情報を発信中。こちら(ヨコ・カマウォッチャー)では、取材した動画や横浜以外の情報を掲載しています。

2009年5月、All About 横浜(旧)ガイド日記から引越ししました。画像がないページもありますが、ご了承ください。

※文章・画像の転載はご遠慮ください。

サイト内検索
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
文化の日、東京六大学野球秋季リーグの優勝決定戦、早稲田大学vs慶應義塾大学(←オットがOB)を見に行きました。神宮球場は超・超満員の36000人! 立ち見が出るほどの人出でした。当日券は早々と完売したとのことで、野球のチケットを持ってない人が「えー、当日券、もうないのかー。じゃあ、ラグビーでいいか」とつぶやきながら歩いていました。
注:隣りの秩父宮ラグビー場では、早稲田大学vs帝京大学、明治大学vs慶應大学の試合が行われていました

私たちは慶應側の内野席のチケットを持っていたのですが、のほほんと試合開始の30分前に到着したため、ほぼ外野のような場所にしか席がなく……。今朝のワイドショーを見ていたら、開門を1時間早めて入場させたほど、朝から人が並んでいたもよう。座れただけでもラッキーだったようです。
東京六大学野球秋季リーグ優勝決定戦 早稲田大学vs慶應義塾大学
▲秋晴れの神宮球場、気持ち良かったです!

まぁ、結果はご存知の通り、慶應が10-5で敗れたわけですが、8回1アウトまで、斎藤佑樹投手にノーヒット・ノーランに抑えられていたので、(斎藤投手には申し訳ないですが)8回の猛攻がなければ、正直つまらなかったです。慶應側応援席がおおいに盛り上がり、楽しかった!

最後は、慶應は選手交代しすぎて「急造か!?」というバッテリーになってしまい、万事休す。早い回から、ピッチャー交代し過ぎましたよね。そうさせた早稲田ナインに脱帽、でしょうか。

私的には、斎藤投手の好投もですが、大石達也投手の151キロ(スピード違反じゃー!)をナマで見ることができ、よかったです。(欲を言えば、早稲田ドライチトリオの福井投手も見たかった)

ワイドショーやニュースでさんざん流れましたが、斎藤投手ってしゃべるのも上手ですね~。その斎藤投手のインタビューに、いちいち茶々をいれる慶應側のオッサンがおもしろかったです!

斎藤「最後にひとつだけ言わせてください」
オッサン「なに~? 日本ハムに入らないの~?」
斎藤「斎藤は『何か持っている』と言われ続けてきました」
オッサン「誰も言ってないよー」
斎藤「今日、何を持っているのか確信しました」
オッサン「重大発表~?」
斎藤「それは仲間です」
オッサン「なーんだぁ~」
斎藤「こうしてチャンスを回してくれた仲間、応援してくれた仲間。そして慶應という素晴らしいライバルがいて、成長させてくれました」
オッサン「おー、そうだ、そうだ!」

慶應OBにとっては歯がゆい試合でしたから、ヤジりたくもなりますね(笑)。両校の皆さん、熱戦をありがとうございます!
スポンサーサイト

2010/11/05(金) 01:22 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


フェイスブックページ
スポンサード リンク
BLOG LIST
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。