スポンサード リンク
プロフィール

田辺 紫

Author:田辺 紫
湘南在住コピーライター。All About横浜ガイドを務めています。横浜・鎌倉で、見た・聞いた・食べたことなどをさくっと紹介します。よろしくお願いします。

All About公式ガイドブログのほうで、横浜の旬な情報を発信中。こちら(ヨコ・カマウォッチャー)では、取材した動画や横浜以外の情報を掲載しています。

2009年5月、All About 横浜(旧)ガイド日記から引越ししました。画像がないページもありますが、ご了承ください。

※文章・画像の転載はご遠慮ください。

サイト内検索
月別アーカイブ
QRコード
QR

今日19日は、開国博Y150のプレイベント最後の日。開国博Y150の目玉イベントとなる「ラ・マシン」の機械仕掛けのクモ(高さ約12m、重さ37t)が、なんと2匹も登場し、横浜の町を散歩するという、前代未聞・超ビッグスケールなイベントということで、私も見に行ってきました。

 

今日の「ラ・マシン」のストーリーは、新港ふ頭で2匹のクモが出会うところから開始。12:00ごろ、1匹はまだ宙吊り状態でした。

ラ・マシン 開国博Y150プレイベント

その後、2匹は意気投合し、新港ふ頭でダンスを披露。ドキドキするような音楽が流れる中、2匹のクモが、足をあげたり、煙をだしたり、水を吹き出したりするようすが見られました。

ラ・マシン 開国博Y150プレイベント

一緒に散歩に出かけることになった2匹。まずは、新港ふ頭から赤レンガ倉庫まで、音楽隊を引き連れてのパレードです。

ラ・マシン 開国博Y150プレイベント ラ・マシン 開国博Y150プレイベント

▲赤レンガ倉庫に到着した2匹のクモは、楽しげな音楽に合わせてたくさんのギャラリーのすぐ目の前を、口やおしりから煙を吹き出しながら通り過ぎていきます

ラ・マシン 開国博Y150プレイベント

▲弦楽器やトランペット、ドラムなどの音楽隊の生演奏も、クモと一緒にパレードを盛り上げます

ラ・マシン 開国博Y150プレイベント

▲赤レンガ倉庫前では、2匹のクモが、足を上げたり下ろしたりとダンスを披露。しまいには足に人間が乗り、持ち上げられちゃいました! ビックリ

 

まるで本物のような足の動きは、ひとりが1本を担当。1匹につき14名が乗り込んで、クモの動きを表現していました。単なる機械操作ではなく、触覚や1本1本の足の動き、視線、呼吸を合わせてスペクタクルを完成させるため、「劇団」というわけです。

ラ・マシン 開国博Y150プレイベント

▲赤レンガ倉庫から新港橋を渡り、日本大通りへ到着した2匹のクモ

ラ・マシン 開国博Y150プレイベント

▲「クモの足に踏みつけられるのでは!?」と感じるほどの大迫力でした!

ラ・マシン 開国博Y150プレイベント

▲フィナーレを迎える新港ふ頭に帰っていきました

 

残念ながら、私は都合により、夜のフィナーレは見ることができませんでしたが、水や炎、音や光などの演出で、感動のフィナーレだったことと思います。 

 

さて、横浜散歩を楽しんだクモのうち、1匹が横浜に残り、「Y150はじまりの森」へと向かったそうです。未知の物体ではなく「絆と繋がり」を象徴する存在となり、153日間の新しい物語が始まることとなります。

 

というわけで、このクモは、4月28日からはじまる開国博Y150 ベイサイドエリア「はじまりの森」で見ることができます。ぜひ、会いにきてくださいね!

 

▼開国博Y150 公式サイト

http://www.yokohama150.org/

 

▼「ラ・マシン」プレイベント4日間のストーリーはこちらで

http://event.yokohama150.org/topics/index.html

スポンサーサイト

2009/04/19(日) 23:12 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


フェイスブックページ
スポンサード リンク
BLOG LIST