スポンサード リンク
プロフィール

田辺 紫

Author:田辺 紫
湘南在住コピーライター。All About横浜ガイドを務めています。横浜・鎌倉で、見た・聞いた・食べたことなどをさくっと紹介します。よろしくお願いします。

All About公式ガイドブログのほうで、横浜の旬な情報を発信中。こちら(ヨコ・カマウォッチャー)では、取材した動画や横浜以外の情報を掲載しています。

2009年5月、All About 横浜(旧)ガイド日記から引越ししました。画像がないページもありますが、ご了承ください。

※文章・画像の転載はご遠慮ください。

サイト内検索
月別アーカイブ
QRコード
QR
「バレンタインの『恋する横浜』をめぐる」をテーマに行われたプレスツアーのpart4は、ふたりで横浜のバレンタイングルメを堪能できる、元町のレストランをめぐりました。(part1はこちら、part2はこちら、part3はこちら

近年はバレンタインデーに、レストランでゆっくり食事をするという、夫婦やカップルが多いとのこと。
※それを裏付ける?データがこちらに→バレンタインデー直前 20代~30代女性の恋愛に関する意識調査

普段忙しい大人のカップルや、大切な人に思いを伝えられずにいる方は、バレンタインデーをきっかけに、レストランでゆっくり会話を楽しんで、2人の距離を縮めてみてはいかが?

バレンタインの恋する横浜をめぐる~STARLIGHT CAFE
▲横浜・元町にあるカジュアルフレンチレストラン「STARLIGHT CAFE(スターライト カフェ)」
■STARLIGHT CAFE(スターライト カフェ)
横浜・元町で1946年に創業したジュエリーショップ「スタージュエリー」がプロデュースするカジュアルフレンチレストラン「STARLIGHT CAFE」。2010年11月、大人気レストラン「STARLIGHT GRILL」と、「STAR JEWELRY CAFE」との夢のマリアージュによって誕生しました。

1階はアジアンモダンなインテリアのカジュアルダイニング、2階は大理石を使った真っ白なインテリアのコースレストランとなっており、「アラカルトでちょっと1杯」「ゆっくりコース料理を」など、さまざまなシーンで使えます。2~8名で利用できるスペシャルルームもあり、スタージュエリーでブライダルリングを購入したカップルなどが顔合わせなどで使ったり、2人だけの空間を楽しんだりできます。

バレンタインの時期には、「スターライト・ヴァレンタイン・コース」(価格は3800円前後を予定)が登場します。

バレンタインの恋する横浜をめぐる~STARLIGHT CAFE
▲スターライト・ヴァレンタイン・コース。左上:オードブル 右上:スープ 左下:ローストチキン 右下:デザート

バレンタインの恋する横浜をめぐる~STARLIGHT CAFE
▲オリジナル・ノンアルコールカクテル「ストロベリー・シャンパン」 ※ご希望の方には、アルコール入りに変更できます

<スターライト・ヴァレンタイン・コース内容>
ウェルカムドリンク(キール・アンペリアル、もしくはノンアルコールのストロベリー・シャンパン)
オードブル(人気のジュエリーボックスをバレンタイン用に)
スープ(旬の素材のポタージュスープ)
メイン(スターライト特製タジン鍋風チーズフォンデュ、もしくは、ローストチキンとバターライス)
デザート(フォンダン・ショコラ)
コーヒーもしくは紅茶

スタージュエリーでホワイトデーのお返し用のジュエリーをチェックしてから、バレンタインのコースをいただく……というコースもありですね!

HP:STARLIGHT CAFE

■霧笛楼
2011年に開店30周年を迎えた、フレンチレストラン「霧笛楼」。クラシックな外観が、横浜らしさを感じさせます。中に入ると、和洋折衷のインテリアとなっています。1階は、横浜開港当時を彷彿とさせる、ステンドグラスが印象的なレストランバー(メインダイニング)、2階は、開港当時に横浜に実在した遊郭「岩亀楼」をイメージした、和洋の良いところをミックスしたお座敷ルームになっています。3階は、バンケットフロア「シルクルーム」で、パーティや披露宴、展示会など、いろいろな用途で使われます。

バレンタインの恋する横浜をめぐる~霧笛楼
▲左:霧笛楼外観。店名は、開港当時の元町周辺を舞台にした大佛次郎の小説『霧笛』に由来 右:霧笛楼の歴史や横濱フレンチについて説明する、、総料理長 今平 茂シェフ

そんなクラシカルな空間で提供されるのは「横濱フレンチ」──地産地消を大切に選ばれた食材を使い、植物油と厳選食材のエッセンスをベースに、自然な味わいが感じられるフレンチです。フレンチの伝統をふまえながら、軽やかで優しい味を生み出すのは、総料理長 今平 茂シェフ。季節感を大切にし、野菜類をふんだんに使った料理の数々は、幅広い年代の方に支持されています。

やさしい色合いの料理が盛られるお皿も、どことなく和洋折衷でクラシカルな印象。横浜絵が描かれた増田窯の横浜焼などが使われています。

バレンタインの恋する横浜をめぐる~霧笛楼
▲オードブルの一例。ブロッコリーのブランマンジェ、カリフラワーのなめらかなピューレと共に。層になっているので、味わいが変化していく

霧笛楼でも、バレンタインのためのコースが提供される予定です。

また、霧笛楼では、バレンタインギフトにぴったりのチョコレート菓子がいろいろそろっています。一番人気なのが、「モトマチの石畳」というネーミングの生チョコレート。口に入れるとまろやかにとろけ、濃厚なチョコレートと洋酒の香りがいっぱいに広がります。

バレンタインの恋する横浜をめぐる~霧笛楼
▲まろやかな口どけがたまらない生チョコレート「モトマチの石畳」

もうひとつの人気チョコレート菓子は、「横濱煉瓦」というフォンダンショコラです。フォンダンショコラ=チョコレートケーキというよりも、ねっとりと濃厚なチョコレート。ハーフサイズの「煉瓦の誘惑」とパートナー商品「横濱白煉瓦」もあります。甘いのが苦手な彼には、ミルキーなホワイトチョコレートと爽やかなラズベリーの酸味が香る「横濱白煉瓦」がおすすめです。

アルコールが大好きな彼には、バレンタインの時期に発売される「クリオロエール」がピッタリ。栽培が困難なため“幻のカカオ”といわれる「クリオロ」が入ったチョコレートスタウトです。繊細なほろ苦さの中に、チョコレートの風味が楽しめる、贅沢な味わいです。

バレンタインの恋する横浜をめぐる~霧笛楼
▲左:バレンタインギフトを買うともらえる「良縁ハートシール」。霧笛楼の社長自らが元町厳島神社にご祈祷に出向かれるそう 右:チョコレートスタウト「クリオロエール」(右)と、霧笛楼が作った地ビール「ジェラールビール」(左)

霧笛楼のバレンタインギフトは、元町厳島神社で良縁のご祈祷を受けているそう。希望する方には、祈祷を受けた「良縁ハートシール」がもらえますよ。

HP:霧笛楼


横浜・元町のレストランで、美味しさいっぱいのバレンタインデーを過ごしてはいかがでしょうか。
part5(最終回)につづく!→こちら

【関連】
クリスマスを飛び越して……横浜でバレンタインpart1
恋するパンをどうぞ~横浜でバレンタイン!part2
中華街の恋愛パワスポ!~横浜でバレンタイン!part3

【バレンタインの『恋する横浜』をめぐる ルート紹介】
横浜みなとみらい 万葉倶楽部
三溪園
本牧館
hatake 4968-12
横濱媽祖廟
STARLIGHT CAFE
横濱元町 霧笛楼
横浜マリンタワー
横浜赤レンガ倉庫 2号館
スポンサーサイト

2011/12/22(木) 01:24 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


フェイスブックページ
スポンサード リンク
BLOG LIST