スポンサード リンク
プロフィール

田辺 紫

Author:田辺 紫
湘南在住コピーライター。All About横浜ガイドを務めています。横浜・鎌倉で、見た・聞いた・食べたことなどをさくっと紹介します。よろしくお願いします。

All About公式ガイドブログのほうで、横浜の旬な情報を発信中。こちら(ヨコ・カマウォッチャー)では、取材した動画や横浜以外の情報を掲載しています。

2009年5月、All About 横浜(旧)ガイド日記から引越ししました。画像がないページもありますが、ご了承ください。

※文章・画像の転載はご遠慮ください。

サイト内検索
月別アーカイブ
QRコード
QR
「伝えるデザインの力・ポーランドポスター展」が、11月3日からヨコハマ創造都市センター3階ではじまりました。本展は、1950~60年代にかけてのポーランドのポスター150点が一堂に会するというもの。日本だけでなく、世界のグラフィックデザインに大きな影響を与えた、といわれるこの時代のポーランドポスターは、力強いメッセージを発し、見る人を引き付けていました。

伝えるデザインの力・ポーランドポスター展
▲ポーランドポスター展のポスター。ハマっこキャラ・ブルーダルを生んだ「NDCグラフィックス」によるデザイン

オープン前日に行われた内覧会で撮影させていただきましたので、そのようすを紹介します。

伝えるデザインの力・ポーランドポスター展
▲開催場所は、ヨコハマ創造都市センターの3階。旧第一銀行横浜支店を活用した、歴史的建造物です
伝えるデザインの力・ポーランドポスター展
▲3階へあがっていく階段から、会場がちらりと見えて、ワクワク。ガラスには、ポスター展ポスターに描かれているキャラクターが描かれています

会場に入ると、赤×白を基調とした空間デザインになっています。ポーランドの国旗にちなんだ色づかいです。

伝えるデザインの力・ポーランドポスター展

伝えるデザインの力・ポーランドポスター展

伝えるデザインの力・ポーランドポスター展

思わず見入ってしまうデザインばかり。そのエネルギーあふれるポスターの裏側には、ナチスによるポーランド侵攻や、戦後の社会主義体制など、ポーランドの悲しい歴史が隠されていたのでした……。(ポーランドの背景とポーランドポスターの歴史については、展覧会図録をご覧ください)

戦後の荒廃したポーランドで花開いた、ポスター文化。映画、サーカス、演劇、音楽、スポーツ、広告、思想など、当時は1枚の紙で伝えるしか手段がなかったため、いかにして足をとめさせ、感情に訴えるデザインがたくさん生まれました。ポーランドの首都・ワルシャワ市民の心を明るくするために、デザイナーたちが意図して明るい色づかいにしたそうです。

1950~60年代にかけてのポーランドポスターの、大胆な構図、色づかいは、後のグラフィックデザイン界に大きな影響を与えたといわれています。見ているだけでも楽しい(ポスターに付けられた解説を読むと、もっと楽しい!)、そんなポーランドポスターの「伝えるデザインの力」を感じてみてください。

1階のショップ&カフェでは、ポーランドポスター展のためにつくられたオリジナルグッズや珍しいポーランド雑貨を扱うショップがオープン。カフェでは、伝統的なポーランドのお菓子「ポンチキ」「クレムフカ」なども提供されます。

伝えるデザインの力・ポーランドポスター展
▲ポーランドの雑貨やポスター展オリジナルグッズを扱うショップ。ショップ&カフェは入場無料

伝えるデザインの力・ポーランドポスター展
▲ポーランドの伝統的なお菓子「クレムフカ」。別名「法王のケーキ」ともいわれ、ポーランド出身のヨハネ・パウロ2世が、幼少のころ食べたと言われる生ケーキです。パイ生地の間に、カスタードクリームがサンドされています。クレムフカセット(ドリンク付)700円

伝えるデザインの力・ポーランドポスター展
▲展覧会図録とカレンダー、チョコレート、そしてポーランドの袋菓子をゲット

展示のほかにも、ポーランド文化を楽しめる関連企画(日本を代表するグラフィックデザイナーによるトークショー、クラシックコンサート、ポーランドのアーティスト「シャザ」のコンサートなど)も開催されます。公式サイトをチェックしてお出かけください。

■「伝えるデザインの力」ポーランドポスター’50~’60展
期間:2012年11月3日(土・祝)~12月3日(月)11:00~19:00
※11月12日(金)は休館日
会場:ヨコハマ創造都市センター
入場料:一般800円(前売700円)、高校・大学生600円(前売500円)、小・中学生無料
HP:ポーランドポスター展
スポンサーサイト

2012/11/07(水) 23:00 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


フェイスブックページ
スポンサード リンク
BLOG LIST