スポンサード リンク
プロフィール

田辺 紫

Author:田辺 紫
湘南在住コピーライター。All About横浜ガイドを務めています。横浜・鎌倉で、見た・聞いた・食べたことなどをさくっと紹介します。よろしくお願いします。

All About公式ガイドブログのほうで、横浜の旬な情報を発信中。こちら(ヨコ・カマウォッチャー)では、取材した動画や横浜以外の情報を掲載しています。

2009年5月、All About 横浜(旧)ガイド日記から引越ししました。画像がないページもありますが、ご了承ください。

※文章・画像の転載はご遠慮ください。

サイト内検索
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
8月1日から89日間開催された「ヨコハマトリエンナーレ2014」が11月3日に終了しました。2012年12月の記者発表からウォッチし続けてきた(→こちら)ので、そのラストイベントも見届けようと、横浜美術館に足を運びました。

ヨコハマトリエンナーレ2014 閉幕
▲この展覧会タイトルも見納めです

はじめは空っぽだった、「創造的失敗のモニュメント 横浜版」である《アート・ビン》。延べ489作家が作品を投棄し、ゴミ箱の中はたいへんな価値があるとのこと。でも、作品の趣旨に沿って、中身はすべて廃棄されるそうです。
※《アート・ビン》については→こちら「アート・ビン」のFBページでは、投棄したアーティストが紹介されています。

ヨコハマトリエンナーレ2014 閉幕
▲2014年11月3日撮影。マイケル・ランディ《アート・ビン》2014

17:00から横浜美術館では、本展のために制作された世界にただ一冊の本『Moe Nai Ko To Ba』のラストショー第一部となる、最後の朗読がはじまりました。

アンナ・アフマートワ『レクイエム』(ロシア語)の朗読からスタート。エルフリーデ・イエリネク『冬の旅』(ドイツ語)、カジ・ノズルル・イスラム『反逆者』(ベンガル語)、ジット・プミサク『この手で築く地上の楽園』(タイ語)と続きます。

ヨコハマトリエンナーレ2014 閉幕
▲本展出品作家のキム・ヨンイクさんが登壇し、韓国語で『言葉は、とこしえに残る』を朗読

ヨコハマトリエンナーレ2014 閉幕
▲同じく本展出品作家の松井智惠さんが登壇。自身の書いた詩『蓮華』を日本語で朗読しました

ヨコハマトリエンナーレ2014 閉幕
▲最後に登壇したのは、アーティスティック・ディレクターの森村泰昌さん。自身がドローイングを記した中屋幸吉『最後のノート』を日本語で朗読


▲読み終えると、本を抱えて退室してしまいました

すると、本がなくなった展示室で、驚きの演出が私たちを待っていたのです!

クレジット:Installation view of Yokohama Triennale 2014
本がなくなった展示室はしばし沈黙に包まれます。すると、どこからともなく、『Moe Nai Ko To Ba』を暗唱する声が響きはじめたではありませんか! 暗唱するのは、横浜トリエンナーレサポーターにより結成された「Moe Nai 演劇部」の皆さん。さまざまな言語が飛び交います。だんだん声が少なくなって、第一部は終了。すばらしい空間に居合わせたことに感動し、胸が熱くなりました……。


▲本がなくなった書見台


▲『Moe Nai Ko To Ba』の暗唱が響き渡る展示室内

18:30からは、美術の広場で第二部「Moe Nai Ko To Baを燃やす」がはじまりました。

ヨコハマトリエンナーレ2014 閉幕
▲龍が舞い、第二部がスタート

ヨコハマトリエンナーレ2014 閉幕
▲本の女神に『Moe Nai Ko To Ba』を渡す、森村泰昌AD


▲『Moe Nai Ko To Ba』を抱え、歌いながら水の中へ進んでいく本の女神

ヨコハマトリエンナーレ2014 閉幕
▲中央にある船に本を載せて去ります

ヨコハマトリエンナーレ2014 閉幕
▲突如現れる「火着け人」!


▲小説『華氏451度』のワンシーンのように、『Moe Nai Ko To Ba』は炎に包まれて……


▲防火服を着た森村泰昌ADが現れ、『Moe Nai Ko To Ba』を救出するも、本は真っ黒に

ヨコハマトリエンナーレ2014 閉幕

ヨコハマトリエンナーレ2014 閉幕
▲救出された『Moe Nai Ko To Ba』

本展を象徴する『Moe Nai Ko To Ba』が消滅し、89日間の忘却巡りの旅は終わりを迎えました。3年に一度の横浜トリエンナーレ。次回はどんな作品との出会いが待っているか、楽しみに待ちたいと思います。

URL:ヨコハマトリエンナーレ2014
All About横浜 記事:3年に一度、横浜で開催! ヨコハマトリエンナーレ2014

クレジット:Installation view of Yokohama Triennale 2014
スポンサーサイト

2014/11/06(木) 09:54 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


フェイスブックページ
スポンサード リンク
BLOG LIST
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。