スポンサード リンク
プロフィール

田辺 紫

Author:田辺 紫
湘南在住コピーライター。All About横浜ガイドを務めています。横浜・鎌倉で、見た・聞いた・食べたことなどをさくっと紹介します。よろしくお願いします。

All About公式ガイドブログのほうで、横浜の旬な情報を発信中。こちら(ヨコ・カマウォッチャー)では、取材した動画や横浜以外の情報を掲載しています。

2009年5月、All About 横浜(旧)ガイド日記から引越ししました。画像がないページもありますが、ご了承ください。

※文章・画像の転載はご遠慮ください。

サイト内検索
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |

春節に沸く横浜中華街。さまざまなイベントが行われています。採青とパレード撮影に行った際、中華街でお昼ごはんを食べました。

 

例の餃子問題、やたらと横浜中華街が引き合いに出されているのを見るのですが、餃子に罪はないわけで、ましてや横浜中華街の餃子は関係ねぇ~!と思うわけであります。

 

というわけで、むしょーに餃子が食べたくなり、昨年12月にオープンした餃子専門店「百八十六番餃子」へ。こちらは、昭和レトロな建物「大勝パーマ」という美容室(?)をリフォームした上海路にあるお店です。外観やインテリアなど、パーマ屋さんの雰囲気をそのまま残しています。

百八十六番餃子

 

豆餃子やくれない餃子、ちびまる餃子など、いろいろと変わった餃子がメニューにありましたが、オーソドックスな「スタンダード餃子」のランチセット(880円)にしました。餃子10個とごはん、スープ、ミニデザートがついています。

百八十六番餃子

皮パリパリ、具はしっとり、オーソドックスでシンプルな味の餃子でした! デザートの杏仁豆腐も、プルプルでおいしかったです。

 

次の日は、水餃子がおいしいということで関帝廟横にある台湾料理店「萬和樓」へ。「散歩の達人」の横浜中華街特集(2008年2月号)にも出ているお店です。

 萬和樓

水餃子を食べよう!と入ったのですが……お得なので、台湾ラーメン+ルーロー飯+水餃子(2個)+漬物がセットになったランチ(950円)にしてしまいました。

萬和樓ランチ 

どのメニューも、中華街にしては珍しくあっさり薄味。ランチが来たときは「食べられるかな?」とちょっと心配になりましたが、ぜんぜん大丈夫でした(笑)。

 

こちらのご主人は、非常にマメに声をかけてくれます。「お茶、大丈夫?」「おいしかった?」などなど。とっても愛想がいいお店。

 

帰り際、「水餃子、おいしかったです」と伝えると、「ココ(張り紙)に書いてあるけど、ニンニクはなし。自家製餃子だからね!」「おいしかったら、また来てね」「次は牛肉麺も食べてみてね。スネ肉を使ってるからね」と、うれしそうに見送ってくれました。

 

とっても暖かい気持ちになり、また行かねば!と思いました。

スポンサーサイト

2008/02/13(水) 12:39 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


フェイスブックページ
スポンサード リンク
BLOG LIST
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。