スポンサード リンク
プロフィール

田辺 紫

Author:田辺 紫
湘南在住コピーライター。All About横浜ガイドを務めています。横浜・鎌倉で、見た・聞いた・食べたことなどをさくっと紹介します。よろしくお願いします。

All About公式ガイドブログのほうで、横浜の旬な情報を発信中。こちら(ヨコ・カマウォッチャー)では、取材した動画や横浜以外の情報を掲載しています。

2009年5月、All About 横浜(旧)ガイド日記から引越ししました。画像がないページもありますが、ご了承ください。

※文章・画像の転載はご遠慮ください。

サイト内検索
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |

先日、オットが「近くを通ったから」と言ってパンを買ってきました。神奈川県の真ん中・伊勢原にあるパン屋さん「ブノワトン」のパンではありませんか! 「行きたいなぁ~」といつも言っていたので、買ってきてくれた、とのこと。感謝、感謝!

 

そんなわけで、パンの名前はよくわからないのですが……。

ブノワトン 

手前にあるフォカッチャ(のようなパン)が、めちゃおいしい!!! パンの袋に入っていた「ブノワトンの回覧版」(A4サイズの用紙びっしりと文字が書かれている!)によると、ブノワトンでは、「湘南小麦プロジェクト」を推進しているとのこと。湘南エリアの小麦農家に無農薬の「湘南小麦」を栽培してもらい、それを自家製粉し、おいしいパンを作って食べてもらおう!というものなのです。

 

参考サイト:パナデリアが行く「ブノワトン」高橋幸夫さんの湘南小麦プロジェクト

http://www.panaderia.co.jp/event_report/syonankomugi2007/index.html

 

その湘南小麦を「アジア最大級・大型6連装の石臼」で挽いているとのことなので、挽きたて小麦の味なのかもしれません。

 

生地がおいしいだけでなく、甘系のパンもおいしい!!

ブノワトン

特に後ろの「チーズのタルト(←本名は不明)」のクリームチーズがおいしすぎます~。

 

で、行列の絶えないブノワトンですが、箱根湯元に和風創作パン屋「足柄麦神・麦師(あしがらばくじん・むぎし)」という新コンセプトのお店を出店されます。

 

2月1日、2日は10:00~17:00(少数のみ、予約受付なし、売り切れ次第終了)でプレオープンし、2月3日は仕込み日(つまりお休み)、2月4日9:00~本格オープンとなるとのことです。

 

営業時間は9:00~17:00(売り切れ次第終了)、定休日は木曜日・不定休で、2月4日からは予約も受け付けされるようです。ブノワトン同様、環境対策のため、ビニール袋や追加の紙袋は有料になりますので、「手提げ袋をご持参ください」とのことです。

 

実は、もらった案内に地図と住所が書いてない(!)ので詳しい場所はわからないのですが、「湯本駅方面に走る場合は黄色と黒文字の寄木細工の看板が目印」だそうです。

#「麦師」で検索すると地図がアップされたブログが出てきます。

 

ブノワトンは欧風パン、麦師は和風創作パン、それぞれに違う商品を扱うようです。こちらも人気が出そうですね。

スポンサーサイト

2008/01/31(木) 00:09 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


フェイスブックページ
スポンサード リンク
BLOG LIST
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。