スポンサード リンク
プロフィール

Author:田辺 紫
湘南在住コピーライター。All About横浜ガイドを務めています。横浜・鎌倉で、見た・聞いた・食べたことなどをさくっと紹介します。よろしくお願いします。

All About公式ガイドブログのほうで、横浜の旬な情報を発信中。こちら(ヨコ・カマウォッチャー)では、取材した動画や横浜以外の情報を掲載しています。

2009年5月、All About 横浜(旧)ガイド日記から引越ししました。画像がないページもありますが、ご了承ください。

※文章・画像の転載はご遠慮ください。

サイト内検索
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
この連休はヨコ・カマを離れ、広島に帰省しておりました。この春に新しくできた新広島市民球場「MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島」を見に行きました。広島駅から徒歩約10分ぐらい。赤い壁面が美しい、でっかい球場!!!

新広島市民球場

いわゆる内野席や外野席だけでなく、空へ突き出すようにグラウンドにせり出した「スカイシート」や、グラウンドに超近い「砂かぶり席」など、おもしろい座席があります。で、太っ腹!?なことに、 「ただ見ゾーン」というタダで試合が見られる(見える?)ゾーンもあるんです。ちょっとのぞいてみました。

ちょうどヤクルト戦がはじまったところ。1回裏広島の攻撃。東出→赤松→天谷→栗原とつながって、1点先取!! いいところをタダで見ちゃいました。

試合も……ですが、一番見たかったのは、これ!
新広島市民球場「ユニコーーーーーン」

1年間限定で掲示されるという、広島ゆかりのバンド「ユニコーン」の巨大看板でーす(笑)。


2009/05/08(金) 10:58 | コメント:2 | トラックバック:0 |

私が大学時代、世の中はバンドブーム。私は数あるバンドの中で、ユニコーンというバンドの大ファンでした。1993年に解散したのですが、今年のはじめに16年ぶりの再始動を発表、ただいま「蘇える勤労」というライブツアーが行われています。

 

で、運よくチケットに当たり、4月1日に行われた横浜アリーナのライブに参戦してまいりました!!! ユニコーンのライブは約20年ぶり。(若いつもりが年をとった!)前日はうれしさのあまり、よく眠れませんでした(アンタは子どもか!)。

 

「早く行って、ラー博で今日から発売開始の春木屋中華そば 昔味を食べて、ユニコーンのグッズを買うぞ!」とのんきなことを思っていたのですが、仕事で出遅れたことに加え、電車が止まるというアンラッキーに遭遇し、到着したのは開演15分前。ラー博どころか、パンフレットすら買えないかも!な状況でした。(2階の物販ブースがすいていたので買えましたけど)

ユニコーン「蘇える勤労」@横浜アリーナ

息もたえだえに席について会場を見渡すと、アラサー・アラフォーの女性ばっか(私もだよ!)。ユニコーンのメンバーの平均年齢は44.4歳(2009年4月現在)なのですが、会場内の平均年齢は38.8歳ぐらいか……そんなことを思っていたら、再会前のドキドキ感を味わうことなく、暗転してしまいました。

 

赤い幕にシルエットでうつる5人のメンバー。はじめの音が出た瞬間、涙がぶわっと出てきました。隣りの女性もハンカチで目頭を押さえていました。再結成はないだろうと思い込んでいたので、この場に居ることが信じられませんでした。

 

新譜&旧譜おりまぜながら、涙あり、笑いあり、感動ありの約3時間のステージが終了。これまでにも、さまざまなライブに参戦しましたが、今回が一番感動したライブでした。約12,000人が静まり返るほどの入魂の演奏、観客が一体となる楽しい演出、ユニコーンらしいgdgd(グダグダ)な爆笑トーク。16年ぶりに蘇ったユニコーンは、日本、いや世界屈指のエンターテイナーとして私たちのもとにかえってきてくれました。

 

ありがとう! ユニコーン。これからも応援し続けます! 

 

あ、そうそう、横浜アリーナは2009年で開業20周年。それを記念して、キャラクターに「ヨコアリくん」という名前がつき、20周年記念グッズが発売され、20周年記念イベントなどが行われます。20周年記念サイトもオープンしていますので、下記公式サイトの「ヨコアリくん」をクリックしてご覧ください。

 

▼横浜アリーナ 

http://www.yokohama-arena.co.jp/

 

あ。せっかく横浜アリーナに行ったのに、20周年記念ポストカード(注:ロビーで配布している)をもらうのをすっかり忘れてしまいました……。


2009/04/03(金) 16:25 | コメント:0 | トラックバック:0 |

私、横浜ゆかりのバンド「ASIAN KUNG-FU GENERATION(=アジカン)」が大好きなのですが、そのアジカンが、11月5日に江ノ電の駅名が曲名になったアルバム「サーフ ブンガク カマクラ」をリリースしたのであります。さらにそのリリースを記念して、11月9日に鎌倉某所でシークレットライブを開催するというので応募したところ、なんと!当選(しかもタダ)しちゃいまして、本日、行ってまいりました。

 

シークレットライブの会場となったのは、鎌倉学園(=鎌学)の体育館。オットの出身校なのですが、「おぉ! 運動場が人工芝になってる! 体育館がきれいになってる!」と驚いてました。そりゃあ、卒業してから20数年も経つんだから、変わりますってば。

 

私たちのチケットは「江ノ島ブロック」だったのですが、これが、ステージまん前のめっちゃいいエリア! 「これで一生分のチケット運は使い果たしたかも……」「アジカンのライブをかぶりつきで見られるなんて、二度とないだろう……」と思いながら、若いコたちに囲まれて、ライブの開始を待っていました。

 

すると、後方から制服の集団がぞろぞろと入ってくるではありませんか! 当選枠350名のほかに、鎌学生枠350名も用意されていたようで。さすがアジカン! イキな計らいです。「稲村ケ崎ブロック」の鎌学生は、めっちゃ盛り上がってました。おぉ、若いっていいなぁ(笑)。

 

そんなこんなで、新しいアルバムを中心に、10曲約45分のライブを、年甲斐もなくぴょんぴょんしながら楽しんでまいりました。(明日は筋肉痛か!?)ホント、当選してラッキーでした。パワーをもらったので、年末までがんばれそうです。

 

ちなみに、11月13日まで、アジカン×江ノ電特別企画を開催中。江ノ電の各駅ホームに掲出してあるアジカンのポスター(↓)のQRコードを読み取ると、特製待ち受けFLASHがもらえます。もちろん、私もゲットしましたであります! 「サーフ ブンガク カマクラ」の広告が車体の横についた江ノ電も走っていますので、ご覧くださいませ~。

「サーフブンガクカマクラ」江ノ電の駅ポスター

2008/11/10(月) 00:59 | コメント:0 | トラックバック:0 |
フェイスブックページ
スポンサード リンク
BLOG LIST
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。