スポンサード リンク
プロフィール

Author:田辺 紫
湘南在住コピーライター。All About横浜ガイドを務めています。横浜・鎌倉で、見た・聞いた・食べたことなどをさくっと紹介します。よろしくお願いします。

All About公式ガイドブログのほうで、横浜の旬な情報を発信中。こちら(ヨコ・カマウォッチャー)では、取材した動画や横浜以外の情報を掲載しています。

2009年5月、All About 横浜(旧)ガイド日記から引越ししました。画像がないページもありますが、ご了承ください。

※文章・画像の転載はご遠慮ください。

サイト内検索
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
いろいろなことが大きく変わった2011年。「当たり前」と思っていたすべてのことに感謝しよう、と心に誓う2012年。江ノ電に負けないように、私も元気に走りたいと思います。よろしくお願いいたします!

2012年もよろしくお願いいたします!

2012年が皆さまにとって良い年でありますように。

2012/01/01(日) 14:31 | コメント:0 | トラックバック:0 |
サクラ満開の鎌倉。東日本大震災から1ヵ月経った4月11日(月)、鶴岡八幡宮と由比ガ浜で「東日本大震災 追善供養 復興祈願祭」が執り行われました。この復興祈願祭は、鎌倉の宗教者が神道・仏教・キリスト教等、宗旨・宗派を超えて、鎌倉から祈りを捧げよう、ということで実現しました。
東日本大震災 追善供養 復興祈願祭 鶴岡八幡宮
▲鎌倉・段葛のサクラは満開!

東日本大震災 追善供養 復興祈願祭 鶴岡八幡宮
▲たくさんの人が八幡さまへ!

鶴岡八幡宮の舞殿には、神道、仏教、キリスト教の神職、僧侶、神父、牧師、シスターなどなど宗教者が集結。それぞれの宗派のスタイルで鎮魂と祈りを捧げました。鶴岡八幡宮にはたくさんの人が集まり、合言葉である「Pray from 鎌倉、鎌倉から祈りを」の通り、強い祈りの力は被災地へと向けられ、届いたことと思います。
東日本大震災 追善供養 復興祈願祭 鶴岡八幡宮
▲「東日本大震災 追善供養 復興祈願祭」開始前のようす
続きを読む »

2011/04/12(火) 00:28 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「世界はひとつ」──それを形にしたようなイベント(←というにはちょっと軽い言葉なのですが)が、鎌倉で行われることになりました。「東日本大震災 追善供養 復興祈願祭」、鎌倉の宗教者が神道・仏教・キリスト教等、宗旨・宗派を超えて、鎌倉から祈りを捧げよう、というものです。

東日本大震災から1ヵ月後の4月11日(月)に開催。14:30~鶴岡八幡宮に集結して祈りを捧げた後、由比ケ浜に出て海に向かって祈ります。宗旨・宗派を超えて祈る(各宗派の僧侶、神職、司祭、牧師が集結)……と文字で見ると簡単そうですが、これってすごいことだと思いませんか??? まさに「祈り」を通じてひとつになるなんて、すばらしいことです。誰でも参加できますので、「いざ、鎌倉」ということで!

2011年4月11日開催 東日本大震災 追善供養 復興祈願祭 鶴岡八幡宮
▲鎌倉・鶴岡八幡宮。手前に見える屋根の建物が祭事が行われる「舞殿」

以前、友人に何気なく「じゃあ、鎌倉から祈ってるね!」と言ったら、「すっごい効き目がありそう!」と喜んでくれました。「鎌倉」って、本田圭佑や斎藤佑樹みたいに、何か持ってる「力」がある場所なのかもしれません……いや、ある!(キッパリ) 世界中の祈りが鎌倉に集まる4月11日。私も心をひとつにして祈りたいと思います。

合言葉は、Pray from 鎌倉! 4月11日は鎌倉から祈りを。

■東日本大震災 追善供養 復興祈願祭
日時:2011年4月11日(月) 14:30~15:40ごろ
(この後由比ケ浜に移動して、追善供養復興祈願祭事が行われる予定)
場所:鎌倉鶴岡八幡宮舞殿
HP:Kamakura pray project(公式)
##あの教授(坂本龍一さん)もRTしてくださったそうです! 公式サイトに画像が~!

そういえば……鶴岡八幡宮のご神木が倒れてしまったのは、大震災の1年前のことでした……。
続きを読む »

2011/04/02(土) 14:23 | コメント:0 | トラックバック:0 |
明日(3月17日)の江ノ電は、始発より全線での運転を終日見合わせとのことです。藤沢駅~鎌倉駅間で代行バスを運行。江ノ電に沿って各駅最寄のバス停にのみ停車するそう。代行バスの運転時間は、6:00ごろ~9:00ごろ、17:00ごろ~20:00ごろまでとなりますのでご注意ください。

今日(3月16日)の江ノ電。10:00ごろから18:00ごろまで、全線(藤沢~鎌倉間)運休の予定。運行はいつもの半分の24分間隔ですのでご注意を。22:00以降は時刻表通りの運行を予定しているとのことです。

さて、茨城県那珂市で被災している同級生から、メッセージが届きました。(こう書くとスパムみたいですが、ホントの話)

「茨城でも水戸くらいまで色々と物資がくるのですが、それより北になると極端に何もこない。今不足しているのは食糧とガソリン。それ以外では、水道が活きてないので、トイレなどがつらいですね」とのこと。

同じ関東地方に住んでいるのに……。ヨコ・カマには、物が流通しているのに……(買い占めしてる場合じゃないって!)。茨城県北部エリアに隣接する市町村の方々、物資を届ける方法はありませんか? いえ、届けていただけませんか? 東北だけではない、茨城県も被災地なのだ!

何も言わないよりはマシなので、ここで訴えてみます。方法がありましたら、よろしくお願いいたします。

■筑波大生たちが立ち上げた、茨城の被災地情報まとめサイト
SAVE IBARAKI

3月18日追記:3月17日(木)からクロネコヤマト便が、茨城県那珂市への荷物の受付を開始してくれました。急いで箱詰めした緊急支援物資、もう今朝「配達終了」に! すげー、クロネコヤマトさん! すげーよ!! ホントにありがとう。道路がつながったので、茨城県北部の物流の復帰はもうすぐだと思います。その他のエリアの皆さんは、買いだめ行動は控えませんか。必要な場所に必要な物を。

<フェイスブックで教えてもらったいいもの>
東北地方太平洋沖地震に伴う東京都の支援(救援物資の受付開始)
HONDA、被災地の通行実績情報マップをGoogleと提供
ガンダムが日本にエール「ガンバレ日本」、著名漫画家たちからメッセージ続々(ROCKET NEWS24)

2011/03/16(水) 11:26 | コメント:0 | トラックバック:0 |
この度の東北地方太平洋沖地震、被害に遭われた皆さまに謹んでお見舞い申しあげます。1日も早く、いつもの暮らしに戻れることを願っております。

私たちが今できることは、いつも通りに暮らすこと!(それが一番むずかしいことかも、ですが!)

それなのに、ガソリンスタンドにはたくさんの車が並び、スーパーやコンビニの棚は空っぽに……! なんで、なんで!? ヨコ・カマの停電は、ほんの数時間じゃないですか。おまけに「停電するかもしれません」と予告されたうえ、電気が足りれば停電しないのですから、イチ市民は、あせらず、おおらかな気持ちでこの事態を乗り切りませんか?

ガソリンスタンドに並んでいる車、すぐにガス欠するわけではありませんよね? 備えることは必要ですが、最低限でいいはず! 本当にガソリンが必要な車は、ほかにあるのでは……? あせる気持ちが、人的災害を生むことにもつながりかねません。実際問題、行列で渋滞が発生しています。行列するならするで、せめてアイドリングストップして、ガソリンを節約してください。

電車のストップは、正直困っていますが……東日本全体の災害だと考えれば、仕方がないこと。交通事情は日々改善されていくことと思いますし、突然ライフラインが止まるより、はるかに幸せです。

自分のエリアはいつ停電するの?は、毎日東京電力のHPで確認を。停電しなかったら「電力が足りてよかったね」ということ。フツーの暮らしの人は「いつ停電するんだ!?」と東電さんを責めるのはやめてほしいです(特に首相!)。突然停電するよりいいかな、と思うんですけれど。
HP:東京電力

横浜市の情報、すばやいです。地震直後からがんばってます。●丁目まで記載されています。3月18日(金)までの予定も記載されています。
HP:横浜市

鎌倉市、●丁目まで記載されるようになり、わかりやすくなりました。防災かまくらのアナウンスは、ざっくりなので、インターネットにつながらない方は「ウチは停電するの? しないの?」と不安になるかも。
#でもアナウンスがないよりはいいか!
##でもでも、今朝はアナウンスがなかったなー。江ノ電全面運休について流して欲しかった!
HP:鎌倉市

私たちは何をすればよいのでしょう。とりあえず、読んどく?
HP:Yahoo! 地震・津波災害に関する情報
HP:All About 地震・災害対策

原発も心配な状況ですが、以下のような冷静なレポートの情報が回ってきました。ご一読を。
▼MIT研究者Dr. Josef Oehmenによる福島第一原発事故解説 - A Successful Failure
http://news.livedoor.com/article/detail/5414245/

▼放射線漏れにどう対処すれば? 東大・早野教授がコメント(Bisiness Media 誠)
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1103/14/news046.html

そういえば……阪神・淡路大震災(1995年)の時、勤めていた広島のオフィスで「何かしよう!」と話し合ったことを思い出しました。「北海道南西沖地震(1993年)では、着られない衣服や食器が山ほど届いたんだって」というエピソードを聞き、「やっぱり義援金が一番役立つよね」ということで、日本赤十字社にお金を託しました。

そう! 私たちが被災地に対してできることは、節電と義援金。今はインターネットで情報がとれるので、よくよく検討して、信頼できると思うところにお金を送りましょう。個人で物を送るというのは、役に立たないと思ったほうがよいでしょう。企業がどーんと送ってくれますから。

また、昨晩、茨城県の海側に住む同級生から「家の停電がようやく復活してインターネットにつながりました」との連絡が入り、ホッとしました。水道がまだ開通しないとのこと。日常生活に戻れるのは、もう少し先でしょうか。エールをおくることしかできませんが……がんばってください!

なーんてエラそうに書きましたが、私だってもちろん不安。「平常心でいよう」と努力します! がんばろう! ニッポン!

落ち着いたら、地震当日の体験を備忘録として記しておこうかと思います。

2011/03/15(火) 12:17 | コメント:0 | トラックバック:0 |
フェイスブックページ
スポンサード リンク
BLOG LIST
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。